Nature 顔認証技術に警告を発する『Cover Story:受け止めるべき現実:顔認証技術の力と落とし穴』2020年11月19日 Nature 587, 7834。

個人的判断ですが顔認証技術は最悪です。間違いなく悪用される。その悪用は不可逆のそれであり一度適用されたら以降は足抜けできなくなる。その変化はおそらく数年。10年後には一般の技術となっている。

—————-

Cover Story:受け止めるべき現実:顔認証技術の力と落とし穴

2020年11月19日 Nature 587, 7834

https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/105501

顔認証システムは、空港の国境検問所やスマートフォンで長い間使用されてきたが、その利用範囲は公共空間や私的空間へと広がってきている。今週号のNews Featureでは、この技術の力とその落とし穴について特集する。1つ目の記事では、現在のシステムに見られる不正確さとバイアスを検証し、2つ目の記事では、「スマートシティー」の内情と共に、規制や監視の欠如によって市民の自由がどのように損なわれるかについて取り上げている。また、3つ目の記事では、顔認証研究の倫理に関する懸念の増大について考察している。急成長しているこの技術の利用に対する政府や民間機関の関心は高まっており、この分野での悪用防止対策が必要になることは明白である。