申し訳ないけど全員悪人『「誰も悪くない」 英トラック遺体事件から1年 ベトナム人遺族の嘆き』2020年10月23日 8:00  発信地:ゲアン/ベトナム。不法行動をあおるマスコミてなんなの!?

f:id:losttechnology:20201023092912j:plain

「誰も悪くない」 英トラック遺体事件から1年 ベトナム人遺族の嘆き

2020年10月23日 8:00 

発信地:ゲアン/ベトナム [ ベトナム アジア・オセアニア 英国 ヨーロッパ ]

https://www.afpbb.com/articles/-/3310637?cx_part=top_latest

【10月23日 AFP】レー・ミン・トゥアン(Le Minh Tuan)さんは毎晩、亡くなった息子のベッドで丸くなって眠る。30歳だった息子は1年前、英国で他のベトナム人移民数十人と共にトラックの中で窒息死した。

 男女合わせて計39人のベトナム人の死について、過失致死から密入国の共謀までさまざまな罪を問われた被告の男4人の裁判が、英首都ロンドンで行われている。

 しかしトゥアンさんは──他の悲しみに暮れる多くの家族と同様──被告らに恐ろしい悲劇の責任を問うつもりはない。「誰のことも責めるつもりはない」

「英国に行って裁判を傍聴し、亡くなった息子が発見された場所で線香を上げてやれたらいいのに」。ベトナム中部ゲアン(Nghe An)省にある荒れ果てた自宅で、トゥアンさんは話すごとにすすり泣きながらAFPに語った。

 トゥアンさんの息子、レー・バン・ハー(Le Van Ha)さんはより良い生活を求め、英国を最終目的地とする欧州への渡航費として密入国業者に金を払った。ベトナムを出てトルコ、ギリシャ、そしてフランスをジグザグに経由するルートだった。

 警察官になることを夢見ながら稲作を営んでいたハーさんは、その夢が実現しないまま昨年の夏、2人の幼い子どもと妻を残して旅立った。

 そして昨年10月23日、ハーさんの遺体が見つかった。英南東部エセックス(Essex)州で、少なくとも12時間は密閉され耐え難い高温となった暗いコンテナトラックの荷台から発見された。亡くなった人々の中には、15歳の少年2人を含む10代の若者も10人いた。

 検察当局によると、被告らは警察に察知されないよう、大型トラック2台に乗っていた移民を1台で輸送しようとしたと述べている。

 当時20歳だったグエン・ディン・ルオン(Nguyen Dinh Luong)さんは、空気がなくなり始めたとき、必死に救急隊に通報しようとした。

 しかし、ルオンさんの両親もトゥアンさんの遺族同様、被告に対する怒りはない。ルオンさんの父親、グエン・バン・ジャオ(Nguyen Van Gia)さんは「わざと死なせたわけではない」と語った。祭壇には息子の写真が飾ってある。

 ルオンさんは、ゲアン省に隣接する中部ハティン(Ha Tinh)省に住む一家の8人きょうだいの一人だった。2018年からフランスに移住して働き、さらに良い働き口を求めて英国を目指そうとした。「誰も息子に渡航を強制していない、ただ運が悪かったのだ」とジャオさんは言った。

■違法出稼ぎ

 貧困にあえぐベトナム中部では、密輸業者らが危険な違法出稼ぎをあっせんしている。ルオンさんもそうした業者に唆された。

 若い男女は稲作から逃れ、海外で裕福になるという夢を追い掛けるためにしばしば大金を払う。しかし多くは多額の借金を負い、業者に搾取されながら、英国のネイルサロンや大麻農家で違法に働くことになる。

 それでも多くの移民は、離れる決断をしたのは自分なのだからと考え、自らを被害者とは思わない。そう指摘するのは、ベトナムの首都ハノイを拠点とする非営利団体NPO)「ブルードラゴンBlue Dragon)」で人身売買の防止を専門とするレー・ティ・ホン・ルオン(Le Thi Hong Luong)さんだ。

 ホン・ルオンさんによると、昨年の悲劇があったからといって、出稼ぎを思いとどまる人はほとんどいない。新型コロナウイルスパンデミック(世界的な大流行)が収束し、国境が再び開かれれば、いっそう多くの人が同じ旅路を目指しそうだという。

■「息子に会いたい」

 トゥアンさんの息子、ハーさんはベトナムを出る前からすでに多額の借金を負っていた。密輸業者らに渡した3万ドル(約320万円)の他に、自宅の建設に8500ドル(約90万円)を支払っていた。家族はハーさんが英国でまともな収入を得ることを当てにしていた。

 ハーさんの家族は現在、さらに深刻な経済的苦難に直面している。「家計は本当に苦しい」とトゥアンさんは言った。ハーさんの遺体をベトナムに輸送するため、国から約3000ドル(約32万円)近い貸し付けを受け、一家の借金はさらに膨れ上がっているという。

 息子を失った悲しみとその後の状況は耐えられるものではない。「どうしたらいいのか分からない」とトゥアンさんは諦めたかのようにいう。「息子に会いたくてたまらない」

 映像は9、10日撮影。 (c)AFP/Tran Thi Minh Ha