侵略者じゃねーか『米国へ向かうキャラバン、移民3000人がグアテマラ入り』2020年10月2日 11:52 発信地:エントレリオス/グアテマラ。私はトランプ大統領の移民数を限定する政策を支持します。

この写真を見て「頑張ってるなー」と思ってはいけません。この行動原理をともなって移民はやってくる。カルチャーや志向そのものである。この流儀を移民先の国に持込みそれを否定されると差別と宣うのだ(この成功体験を未来も採択する)。国家の独立性の否定であり法体系・サービス・教育の否定である。不法を押し通せば周囲はそれを聞くと彼らは判断することになる。

※それでは国内で従来の法体系に支配され不法は裁かれる側の人間たちは? 移民になめられる。移民サイドからみれば従来型の住民は非合理の塊である。

f:id:losttechnology:20201002130107j:plain

米国へ向かうキャラバン、移民3000人がグアテマラ入り

2020年10月2日 11:52 

発信地:エントレリオス/グアテマラ [ グアテマラ ホンジュラス 中南米 米国 北米 ]

https://www.afpbb.com/articles/-/3307722?act=all

【10月2日 AFP】ホンジュラスなどから米国を目指すキャラバン(移民集団)約3000人が1日、グアテマラ入りした。来月に控えた米大統領選では、移民が重要な問題となっている。

 グアテマラのエントレリオス(Entre Rios)では、リュックサックを背負い、プラスチック製の袋を手にした移民らが、新型コロナウイルスパンデミック(世界的な大流行)絡みのリスクや規制をものともせず、2列に並んだグアテマラ兵を押しのけて国境を越え、北に向かって歩き続けた。

 グアテマラ移民局(Guatemalan Migration Institute)によると、入国する外国人に義務付けている新型コロナの検査を受けずに約3000人が国境を越えたという。多くの人は感染拡大防止のためのマスクを着用していなかった。

 ホンジュラス・ヨロ(Yoro)県エルネグリト(El Negrito)からやってきた若者グループの20歳の男性は、「私たちはパンデミックのことなど考えていない。今はそれどこをじゃない」とAFPに語った。男性はソーシャルメディアのメッセージを見て米国を目指すキャラバンに加わったという。

 兵士らが移民に水を配る中、移民の一部からはグアテマラ軍が通過を認めてくれたことへの拍手も起きた。

 移民ら数十人は、ヒッチハイクをして大型の平床トラックの後部に乗り込み、メキシコに向かった。

 ホンジュラスの第2の都市サンペドロスラ(San Pedro Sula)では9月30日夜、新たなキャラバンが出発。ホンジュラス赤十字(Honduran Red Cross)よると、第一陣として1200人が、その数時間後に約2000人がグアテマラ国境に向かって歩き出した。

 中米諸国に大きな打撃を与えている新型コロナの感染拡大を防ぐため、グアテマラは半年間にわたって国境を閉鎖していたが、先週、開放した。

 米国のドナルド・トランプDonald Trump)政権は1日、来年に受け入れる難民の上限を過去最低となる1万5000人にすると発表した。一方、対立候補ジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領は、迫害された人々を受け入れることは米国の価値観に沿うとして、上限を12万5000人に引き上げるとしている。(c)AFP/Edgar CALDERON