環境省の価値なし『除染の土 覆土せず野菜栽培をする実証事業へ 福島 飯舘』2020年8月7日 22時34分。濃縮されてるぞいろいろと。生物濃縮でさらにやばい。

f:id:losttechnology:20200808181632j:plain

産地に気をつければ・・ということにはなりません。加工食品保存食品ファストフード店全店に使われる。逃げ場はなくなる。よりによって自然状態の土でなく「除染事業によって集められた土(汚染土)」ですよ。核廃棄物貯留施設ならドラム缶詰めして地下何百メートルに永久覆土で閉じ込めるそれだ。

なんでわざわざそういうものを「使う(食品製造用に使う?)」?

私は現代日本人の脆弱さの理由に放射性物質の影響はあると常に考えているところのものです(私の知人も20代でガン発症しています。女性。埼玉県です)。

—————-

除染の土 覆土せず野菜栽培をする実証事業へ 福島 飯舘

2020年8月7日 22時34分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200807/k10012557651000.html

原発事故のあと福島県飯舘村で行われている、除染で出た土を農地で再利用できるかどうかを確かめる実証事業で、環境省は新たに汚染されていない土をかぶせずに野菜を育て、安全性に問題がないかを確かめる方針を決めました。

東京電力福島第一原発の事故のあと、福島県内で行われている除染で出た土のうち、放射性物質の濃度が一定の基準を下回ったものについて、環境省は、農地で再利用できるかどうかを確かめる実証事業を昨年度から福島県飯舘村の長泥地区で行っています。

これまでは汚染されていない土を50センチほどかぶせた農地で野菜や花を栽培してきましたが、新たに、汚染されていない土はかぶせず、除染で出た土だけでキャベツやインゲンを育てる方針を決めました。

収穫したあと、含まれる放射性物質の濃度を調べ専門家による会議で食べても安全だと評価されれば、除染で出た土をそのまま野菜の栽培に使うことも検討するということです。

環境省は、「きちんと安全性を確かめたうえで地元の住民などとも相談し、除染で出た土の再利用の在り方を決めたい」としています。