ケーヨーD2 すごいよなあ・・

ホームセンターのケーヨーD2です。

自分が多用していたのはジョイフル本田でした。これも素晴らしい。専門性が高く材料や工具はかなり揃う。DIYならベストである。しかし巨大すぎる。行くならきちんと目的を持って自動車で向かわなくてはならない。

ケーヨーD2は気軽だ。単純な品揃えで各商品につき1種類か2種類しかないのです(例えばリーマは1種類だった。ほんとそれしか置いてない)。

そしてそれでいいのだ。その商品ももっとも安価で入手しやすいものである。買って間違いのないものばかり置いてる。Amazon より安いのだ。

-----------

あのシンプルすぎる品揃え、なんなんですかね。「なんかこういうのないかなあ」⇒「あった」それで終わっちゃうんですよ。かごに入れてレジへ。入ってから出るまで10分かからない。長時間滞留するひとはいない。百貨店やスーパーマーケットの逆のような作りなんだ。

なのに炊飯器でも書棚でも地域で一番安くてまっとうな商品なんですよ。

最近購入したものも例によって通販より安かった。しかししっかりした作りで長期間もちそうなのだ。安いのにタフである。客は満足するから次も来る。今年のお米ではブランドものの新米が高くなってたのでブレンド米の10kg3000円を大量導入していました(私はもうちょっと高い千葉のふさおとめを買いましたが)。そういう判断がぱっぱと出来るのも素敵だ。

ケーヨーD2、お米を激烈に値上げする。北海道産米きらら397が10kgで3,000円突破。家畜用飼料米に近いコメだったのに・・ - ロストテクノロジ研究会(新)

米が値上がりして死ぬ(死ぬ寸前)。 - ロストテクノロジ研究会(新)

-----------

お米の値段も、フライパンのふたも、店員さんにちょっと声掛けした内容である。それが反映される。意見がきちんと届くのだ。

官僚機構の逆である。実際のひとの生そのものである。日本の本体であり日本の底力である(これらが機能喪失したとき日本は終わってしまいます)。