官僚の暴走を停める『【独自】国語・数学の記述式も延期検討、理解得られないと判断…共通テスト』2019/12/05 16:00。目をつけておかないと本当彼らは何を仕出かすかわからない。

昔。共通一次試験導入以前は。大学入試はそれぞれの大学が独自に問題を作成して実施していました。その段階ではなんと。現在のような東大をピークとするヒエラルキもなかった(弱かった)のです。たったひとつの共通するテストをもとにするという一次元的測定はできなかったからです。
もちろんそれは私が受験するよりも以前の話ですが。私はその時代の方が望ましかったのではと考えている。
国語・数学の記述式を導入するのは簡単だ。各大学が独自に実施すればいい。公的機関や大学とは無関係の外部の企業に一任するのはどう考えても「おかしい」のです。
※ 本延期の件は政府と自民党の主要な成果と言えるでしょう。

—————-

【独自】国語・数学の記述式も延期検討、理解得られないと判断…共通テスト

2019/12/05 16:00

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20191205-OYT1T50207/

 来年度から始まる大学入学共通テストで導入予定の国語と数学の記述式問題について、政府・与党が実施を延期する方向で検討していることが、複数の関係者の話でわかった。実施には受験生や関係者の理解が得られないと判断した。公明党が5日午後に萩生田文部科学相に延期を提言する。

 政府は11月1日、英語民間試験の実施見送りを発表しており、記述式問題も導入が延期されれば、来年度からの大学入試改革は2本柱を失うことになる。