凄すぎる研究に驚く『110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞-スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析-』理化学研究所 慶應義塾大学医学部 2019年11月13日。

サンプルとって比較してそれを発見するだけでも相等なものです(サンプルをとろうとした段階でまた素晴らしい。差異があるものなのだ。どういうことなんだろこれ真の発見(New Finding)ですよ)。

-----------

110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞-スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析-
理化学研究所
慶應義塾大学医学部
2019年11月13日
https://www.riken.jp/press/2019/20191113_1/
理化学研究所理研)生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームの橋本浩介専任研究員、ピエロ・カルニンチチームリーダーと慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの広瀬信義特別招聘教授(研究当時)らの共同研究グループ※は、スーパーセンチナリアン(110歳以上)が特殊なT細胞である「CD4陽性キラーT細胞」を血液中に多く持つことを発見しました。
本研究成果を通して免疫と老化・長寿との関係を理解することで、免疫の老化を予防し、健康寿命の延伸に貢献することが期待できます。
今回、共同研究グループは、110歳に到達した超長寿者であるスーパーセンチナリアン7人と50~80歳の5人から直接採血を行い、血液中に流れる免疫細胞を1細胞レベルで解析しました。その結果、スーパーセンチナリアンでは、免疫システムの司令塔の役割を果たすT細胞の構成が50~80歳と比べて大きく変化していることが分かりました。なかでも、通常は少量しか存在しないCD4陽性キラーT細胞が高い割合で存在していました。さらに、これらのT細胞受容体を調べたところ、特定の種類の受容体を持つT細胞が増加するクローン性増殖が起きたことが明らかになりました。
本研究は、米国の科学雑誌『Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)』オンライン版(11月12日付け:日本時間11月13日)に掲載されます。

f:id:losttechnology:20191113102146j:plain

 ※ 80歳と110歳の比較というだけで驚きです。そこで「差」が明確に現れることにさらに驚き。