まともな意見が出てる『台風19号から1ヵ月 町が迫られる決断とは』テレビ東京。

「ただ住民は高齢化が進み、集団移転に関しては住民の思いは複雑です」老人だけ住まうならそうでしょう。

しかしその下の世代は? 孫や曾孫は? 苦しむことになる。つまり個人のエゴイズムの問題だ。川は必ず氾濫する。氾濫を繰り替えした結果平野ができその周囲に河岸段丘ができてるのです(小中学校の理科や社会科で真っ先に学習する内容です)。

-----------

全国各地で甚大な被害をもたらした台風19号からきょうで1ヵ月です。 死者は90人、今も5人が行方不明のままです。 宮城県大郷町では、町の中心を流れる吉田川が氾濫し、多数の家屋に被害が出ました。 しかし、住民達で手旗を作るなど、日頃の防災対策の効果もあって犠牲者はいませんでした。 ただ、台風通過から9日後、住民に「ある提案」がなされました。 今の住宅を取り壊し、川から離れたエリアに集団移転するというものです。 大郷町田中町長は、住民の安全な暮らしに加えて、農業振興の拠点を設けるなどの経済的な観点からも移転を提案したと言います。 ただ住民は高齢化が進み、集団移転に関しては住民の思いは複雑です。

台風19号から1ヵ月 町が迫られる決断とは:ゆうがたサテライト:テレビ東京