KAWASAKI ZX-25R てまじか・・ バイクの値段はどうして上がったかについて。

250cc 4気筒16バルブ。にわかには信じられません。1980年代の250cc4気筒車の再来と呼ばれていますが・・

シリンダーやヘッドからの放熱が大きい。単気筒と比較してシリンダー容積比で表面積が大きいわけだ。エネルギー効率を高めるためには(排気ガス中のHCを減らし燃費効率を高めるためには)回転数を高めるしかない。高回転域を常用するということはすなわち45psの常用である。

20psもあれば実は普通に乗れちゃうのにですよ?

国内でも出る。しかし日本は原付の排気ガスにも因縁つけ古くからのマシンを根絶やしにしてしまった土地柄である(あの根絶やしがなければいまでもバイクの多くは国内生産で値段も20万円安かったのである。販売台数も少なくフェラーリランボルギーニみたくある意味特例さえ認められ得るほど細々としたジャンルだったのだが)。インジェクションや点火タイミングや吸排気になんらかの工夫があるのでしょうか? くっそでかい触媒に責任のすべてを負わせてるのでしょうか?

-----------

YAMAHA FZ250 系を好きで乗ってました。フレームも含めて4台もってたのです。乗ってた理由は格段の乗りやすさと自在性だった。10000rpmまで回してクラッチをつなげば誰でも安心してウイリーできる(オフロードバイクみたくいきなり上がるウイリーではない。1速で70km/h出てしまうマシンである。コントローラブルである)。でもガンマの方が自在で速いのでいつの間にかそっちに変わってしまった。2サイクルの方が自分には合ってたのだ(RG250ガンマもTDR250も転倒もトラブルも違反もなし。本当に合ってた)。

フルパワーが出るまで1速で50km/hまで待たなくてはならない・・

それが耐えられなかった。行きたいときギャンといけないわけだ。250cc4気筒ではギア比と回転数からそうなるわけだが、高回転キープはかえって苦手なのである。エンジンブレーキも効きすぎる。ハイギアでさらさらと流してちょっと出すぎかなというときちょんがけで抑えるみたいな乗り方ができない。あんまり気が抜けない。気を抜いても乗れるのですが要するに最終的に反りが合わない。

CBX400Fとか反射神経が鋭すぎて驚いた。勝手にぺたりと寝る。もちろん倒しちゃうわけじゃないんですが意識との乖離がすごかった。そっち側で頑張らなくていいのに。驚かさなくていいのに。そんなにぺたぺた寝なくてもラインは十分たどれるのだ。

-----------

んー単気筒マルチバルブの方がいいかなー自分的には。現代の技術ならそれでも40ps出てしまう。

40ps単気筒が40万円で市場に並ぶ、そういう時代はずっとこないんだろうなあ・・

※ 追記。燃料系点火系ギア系ブレーキ系も含めておそらくフル電子コントロールである。出力から姿勢制御まで勝手に調節する自律型のロボットである。乗りにくさは一切ない。その点で20世紀的な視点は却下されるわけだ。交通事情的にもそういう時代である。地点Aから地点Bまで楽をして移動するみたいなときに ZX-25R は過去の250ccが連んで当たっても勝てないくらいの優位さを発揮するのだろう。

※ 追記B。だとすると現代ではサイドカーでもかつては困難だった側輪の電子制御を行うことで、転倒や車線逸脱の危険を大幅に減らすことも可能ということになる(側輪には独立した駆動系やブレーキ系が存在していません。多くのサイドカーでは単なる補助輪である)。

こ れ は す ご い で す よ 。

現代の姿勢制御技術を援用することで、もしかすると誰でも普通に乗れる夢のサイドカーが生まれてしまうかもしれないのだ。