軽商用車を乗り比べる。ダイハツいい・・ クラシックな回転馬力的なエンジンは現在が最後の買い時であるかもしれないことについて。

実際に乗らないとこういうのってわかりませんね。ダイハツの商用車まじでいい。

乗る以前のイメージとしてはスズキの方が優れていた。ワゴンRとかパッケージングが素晴らしいしアルトワークスはバイクのようにエンジンが回る(双方初期型。20年前です)。ダイハツはもっさりしてる。もーもーとエンジンがうなり、とろとろと動き、走るパイロンのようなイメージがあった。実際にそうだったのである。

いやあ現在は違うんだなあ。

-----------

スズキのキャリイです。乗った瞬間自分が下手になってしまったのかと焦った。意に沿わない。エンジン回転とハンドル操作がばらばらだ。動きもいちいち変なのですが足元のポジションも変である。アクセルがブレーキとタイヤに挟まって三角形になってる。この変なのを操作するというのだろうか?

アクセルを踏むとオートマは2秒でシフトアップ。トルクがあるのだ。そのトルクを自慢する。しかしシフトアップしても低回転なのでレスポンスは悪い。ほとんど惰性で進む。この状態ではアクセルペダルを操作しても前後の荷重を変化させることはかなわない。

突き上げがひどい。常時跳ねてる。その跳ねがタイヤに伝わるので四輪の感触がばらばらだ。カーブに入っても旋回中心がどこにあるのかわからない・・

-----------

ハイゼットカーゴ乗って爽快さに感激しました。スズキと全然違いますねこれ。素晴らしい。

乗車自体が先ず楽。人間の動線が自然である。ポジションが高くて見晴らしがいい。ガラスの開口面積が大きくて車内は開放感にあふれてる。このガラス面積の大きさはコストや車重に直接に跳ね返るので近年はどの車も窓ガラスを小さくしてるのですがハイゼットカーゴは古典的だ。ちゃんとした窓ガラスである。私はこの方が気持ちいい。

ペダルの位置もスズキより自然である。乗車位置が数cm後ろだ。その分車内は狭くなる。運転席の居住性を優先した結果である。

アクセルを踏む。トルクは薄い。回転は即座に上昇する。1速でするすると走るのだ。1速で引っ張ることを嫌がる人がいますがどうなのだろう? エンジン自体回るのを嫌がらない。小排気量のバイクみたいだ。ドライバーは加速時にこの回転とつきあうことになる(「うーーん」とエンジンをうならせる。53PS/7200rpm。このエンジンいい・・)。もちろんミリ単位のペダル操作で前後の車軸にかかる荷重をコントロールできる。

そして車道に出るとずっしりした車重と位置の分かるタイヤでのしのしといのししのように進むのだ(サスペンションは柔らかすぎません。これくらいでいい。乗り心地がいい。交通事情的に見てもコーナーより直線の方が多いのだ)。

-----------

やばいです。ダイハツいい。自分的には絶対にダイハツ。車内の広さやエンジントルクや燃費や年式では測れない何かがある。

※古いアメ車に乗ってましたが似ています。アメ車も排気量は大きいのですが回転馬力的な性格があってひゅるる~と回して乗るのです(※なので燃費が悪い)。私が DODGE で乗り付けると新井モータースの先代はしみじみと語る「乗るといいんだよねえ!」。初代ユーノスロードスターよりほめるのである。現在の日本車が指向する方向性と異なる向きが確かにある。

自動車を買うつもりもないですし買っても何かをするわけでもないのですが、将来的に消えてしまうのは惜しい。モデル末期に近いという話もある。現在のハイゼットカーゴが燃費や積載量を考慮してスズキと同じ方向に進まないとも限らない。

スズキは燃費と車重を優先して非人間的な方向へと向かってしまった。単なる道具。楽しくない。ダイハツは根源的な楽しさを残してる。しかしその車重やガラスや高回転型エンジンは現代では批判されてしまうものなのだ。

※ネット上では素人レビューアが好き勝手書いてますがほんと酷い。数値の書き写しであって知的水準はゼロである。ところで驚いたのはこちらの記事だ。プロが試乗した結果なのだが全く同じで見てる点は共通してると思った。

https://motor-fan.jp/article/10008939?page=3

乗ってみるべきですよ。