この時期に昼間に草刈りとかあり得ないことについて。社会的拘束こそ熱中症の原因であることについて。

労働者がみーんなサラリーマンになっちゃったからです。

9時5時の定時に作業させなくてはならない。おかしい。草刈りは午前9時までに終わらせなくてはいけないのだ。本式には。

お百姓はみんなこの時間までにとっとと草を刈り、真に暑い時間帯には部屋の中で昼寝をして過ごす。

そして夕刻に起きる。人間として正しい活動です。何度も言いますが現代社会の熱中症多発は人間や生物の基本的リズムを無視した故の結果です(社会的拘束こそ原因となっている)。

-----------

自慢じゃないですがお台場行っても夏のコミケに列んだことはない。私は田舎人なので炎天下に列ぶという行為が理解できない。何時間も列んで時間を無駄に使うならその間別のところに行きます。これは生物として当然の行為です(苦労して何かが得られるとは思わない)。

-----------

お台場で倒れて救急介護して「何とかしろ」という意見が毎年出てきますが。

私はどちらかというと自己責任派です。真夏の暑い中東京で過ごすとか馬鹿げてる。

昔は避暑地に向かったものでした。それが正しいと思ってます。この時期には長野の高原や北海道の道北・道東に向かうのがレジャーとして正しいあり方と判断しています(このことは社会的拘束からの離脱という意味で真に正しいレジャーのあり方を示しています。全員、テレビやマンガやソーシャルゲームのやりすぎです。それらのメディアに拘束されてしまっています)。