ニコニコレンタカー 本格車中泊仕様のレンタルを開始。サブバッテリー、カーテン、網戸、マットレス付き。1泊2日で10000円は格安では!? 応援するの巻き。

仕様をみて驚いた。本格キャンピングカーに近い。車内で簡単な電装品を使え(ワット数の少ないドライヤー等)網戸で快適に寝られるのだ。キャンピングカーで最もその恩恵に預かれるのは電装と網戸なのである。
これで1泊2日1万円は素晴らしすぎる。格安のニコニコレンタカーでも12時間のレンタルで2525円はするのだ。それは普通の車である。車中泊込みで1万円なら元は取れてしまうのである。
※個人において実際的な使用期間は1週間程度と思われますが、その枠内で立派に機能を果たします。東北地方一周とか北海道釣行脚とかいけるのです。この時期から必死で宿を確保する必要はない。気楽さにおいて比すべきものがない。
テントを張るのと違って多少の雨でも耐えられる。飯でも温泉でも任意に好きなタイミングで向かえる。寝場所はサービスエリアでもOK。その幸福が数万円である。
2日目以降7000円。宿代程度の値段です。それが自動車と宿と「自由」を含んでいる。これは凄いですよ。もしかすると国内旅行の革命です(大型キャンピングカーと異なり単価的にも一般のレンタカーより安いので効率が良すぎる。既存のホテル旅館経営側の領域まで食っちゃう可能性があります)。
※10年間ほどキャンピングカーを乗り回していましたが「時間に合わせて宿にすべりこむ」ことが不要で大いに助かった。「今日はここにするか」それで寝られてしまうのです。心労がない。向かう場所も天候や気分によって自在に変化させられるのです。
※私はニコニコレンタカーの会員です。レンタル代12時間2525円なので毎月の駐車場料金だけで定期的に借り出すことができる。それは車検代や重量税・オイル交換・タイヤ代まで含んでいる。メンテの面からみても合理的な判断となる。
ニコニコレンタカーは従来は中古車ベースだったので車の魅力より価格面での選択候補となった。
今回のものは違う。いい車として消費者にプッシュしている。おそらく新造車です。従来にはなかった戦略である。まるで先日の株式会社ハックの伸び盛りを見るような感動で私はこのニコニコレンタカーに注目しているわけです。
 株式会社ハックもそうですが、ニコニコレンタカーもイニシャルコストを下げる戦略で当たりを得ている。専用店舗を用意せず、数年落ちの中古車をガソリンスタンドの空きスペースに置くだけで業務の開始につなげているのだ。導入する側はサイドビジネスのポジションである(従来の大手のレンタカーは新車を専用店舗に揃えていました。乗るのは3年以内の自動車ばかりです)。
そんな様態から開始して現在は独自仕様車の開発である。
私はこの、小さく小回りの利くところから開始して着実に地歩を固めるあり方を極めて高く評価しています(大口の初期投資を要求するビジネスアドバイザはハーバードやMITであっても信用ならないものと考えています)。
ニコニコレンタカーの売上は本年100億円に達すると予想されています。毎年2割の成長。これは相当なものです。