軽自動車って1ヶ月5000円くらいしかガソリン代かからないの!?

ひと昔前の話です。

DODGE RAM の130リットルタンクに目いっぱいガソリン入れると2万円近くしてました(※1リットル150円で計算)。とんでもない話です。さすがに現在では使えない。こんなに入れても栃木と東京との2回半の往復で消えてしまう。500kmくらいしか走らない(なので東京の駐車場に停めて使うのが正しい利用方法でした。出先の近辺に24時間駐車場を見繕って夜間の一定料金タイムに停泊する。10時間1000円程度。そうして移動距離を1日あたり5~6kmに抑える。そうするとキャンピングカーは究極のパフォーマンスを発揮する。まるで千代田区に事務所を構えているようでした。うまい飯屋も、気持ちいい銭湯も、どれも目の前にあるのです)。

で。

軽自動車です。これを一般の利用者が通勤用途等で年間1万キロ程度乗る状況を想定してガソリン代考えてみます。1ヶ月あたりの距離数は800km(片道20km程度を想定)。燃費20km/Lと考えるとひと月の消費ガソリン量40リットル。これに現在の埼玉県のレギュラーガソリン最安価格130円を掛けると。なんと

5200円。

すごいですねー。これで済んでしまう。もちろん電車の定期代より安い。すごいわ。にっぽんの救世主。みんな軽に乗るわけです。

逆に言えば軽がなくなっちゃったら地方経済とか本当に回らなくなっちゃいますね。

※買うわけじゃないですよ。でもレンタカーで借りるならあり得る。必要に迫られていない道具を買う趣味はないのですよ。

※それにしても凄い。軽自動車1台で、通勤から送迎から買物からレジャーから、まるまるすごせてしまうのだ。通勤と買物だけなら5000円。休みの日に1000円かければ150km移動できる。1000円で4人分である。

JRでは150kmの運賃は2500円。4人で1万円。10倍違うわけだ。発達してて便利と言われてる鉄道網を利用しても自動車の利便性にはかなわない。

自分は普段自転車を利用してお米の買出しもしています。10kgくらい平気で運べる。その店舗にでかい駐車場があって車が敷き詰められてると見るたび唖然とする。どれだけ資源とお金を無駄にしてるんだろう。しかしお金の面から考えれば新品の自転車を仕立てて乗り回すのとたいした違いはないわけだ。

すごいなあ。自動車は文明の根幹をなすわけだ。