いまの仙台。すっごいなあ。昔では考えられなかった。東北大生でも都市生活完璧。

理学部のアクセスマップが使い物にならないので工学部の貼らせていただきます。
すごい。仙台駅から青葉山キャンパスまで地下鉄で結ばれてる。地下鉄はその先動物公園駅まで続くのです。
わーすごい。
わーすごい。
これでは電車に乗るだけで大学まで往復できてしまいますね(※2015年以前にはそのような状態ではなかった。学生は自分だけの乗り物を各自所有する必要があった)。しかし地下鉄さえできれば高性能自転車もバイクも自動車の必要もない。切符を買うだけで通える。切符買うだけで夜まで街中で遊べるのです。。
凄いのは始発と終発の時刻。
朝なんてどの始発駅でも5:35に始発出てます。
そして終電は23:55クラス。このスケールはかつてはなかった。
仙台市バスの時代では始発は朝6:40前後、終バスは青葉山では22:00。実験に手間取ると乗り遅れてしまう。
学生はキャンパスに泊まり込むのが普通であった。どの研究室でもキッチンと袋麺とを常備していた。
インスタントラーメンが続いて健康状態が破綻する。あるいは追加するとしてもめいらくレトルトカレーしかない。
授業終わって街中でバイトすることもできない。
それは我々の時代だけでなく、つい数年前までそうであった。
https://www.eng.tohoku.ac.jp/map/access.html