新型ジムニー/新型ジムニーシエラ プロモーションビデオ suzukicojp。20年後の社会において。

新型ジムニー/新型ジムニーシエラ プロモーションビデオ
suzukicojp 視聴回数 208,659 回
https://www.youtube.com/watch?v=oG_tMMhtBGc

※過去にジムニージムニー1300とも所有していたことがあります。両者とも素晴らしい車でした(2型です)。自分的には排気量の大きな方が使い易かった。一般道を走ってるときには「なにこれ?」というくらいおそろしく怠いエンジンなのですが、ダートに入った瞬間評価一転。でっかい水たまりもなんのその。10cmくらいえぐれていても舗装路と大して変わらない速度で走れてしまう。男性2名と後席に女性子供3名を積載してです。
そんな自動車に標識自動認識機能(サポカー機能)。一般道での安全性の確保。
こういうのの両立はほんと大変だったと思いますよ! なんというか、お疲れさまご苦労さまです。

                    • -

最初見たとき樹脂感むき出しのバンパーといい角型すぎるボディといいどうなの?って思った。しかしこの動画見て本当納得。ありがとうございます。
ジムニー乗って最初に驚くのはフロントガラスの近さだ。ほんと目の前にあるんだ。
ひざ下をダッシュボード下に潜り込ませるように座る。
自動車じゃ当たり前のように思えますがポジションは立っているのです(このポジションの立ちにも驚いた。乗りようによっては足が疲れると思う(心臓への距離が遠い)。
最新型ではフロントガラスを立てることで圧迫感を減らしたという。
後席周りもそうだという。これは実に優れている。
「こんな狭い車」のように見えてしまいますが、降りて片手でバックドアを開き車内にアクセスするとかなりの道具が積めることがわかる。私は自転車を常時積載していた。
毎回降ろして展開する。そういうのできちゃうのだ。
「2名まで」と割切ることでユーティリティは確保できてしまう。

                    • -

で。
こないだ書いた「ミラトコットいいなあ」に続いてしまうわけです。
メッキパーツが少なく(ジムニーに至ってはバンパー樹脂そのままのカラーリング)コーダトロンカ的な形状をしていない。車体が前傾してない。昔の自動車の雰囲気だ。
ヘッドライトがぐにゃぐにゃしてない。「デザインのためのデザイン」ではない。
なんというか素晴らしいですよね!
ジムニーとか、かつてはヘッドライト自分で替えられたんですよ。ライト暗いので取り外して見てみたらあのサイズの巨大白熱電球だった。ヘッドライトがそのままランプだった。
それと同サイズのハロゲンヘッドライトユニット買ってきてそのまま交換する。そんなことができちゃうのです。
かばん2つを助手席シートに置き、フロアに足をかけて乗り込む。飲物も助手席シートに置く。
あとはそのまま100km先の取材先まで平気で走れてしまう。
家の脇から出て狭い道を通り抜け一般国道を通りその先の奥の奥まで。
日本がかつてひとつに繋がってたのは自動車の力があったからだ。
そう感じさせる。東京から出ない若い人たちは「自動車で遠路はるばる・・」という行為を全く取りはしないのだ。
携帯電話がなく自動車がある、そういう時代では肉体そのものを移動させ何としても現地に向かう必要があった。
いまは電話で済み軽い挨拶で済んでしまう。動画もメールで送れてしまう。
じゃあ何で自動車を所有し運転するのかって話だ。ところがこれがないとやはり現地に向かわないのである。

                    • -

「映像」を事業としなくなった瞬間私は自動車を手放した。
あるいは逆かもしれない。自動車を手放したからそれが理由となって映像的なコンテンツ制作に対して強い興味を失った。
自分がここでデザイン云々言ってるのも自動車に興味を持っていないことが理由だ。乗ってみると実はデザインなんて大してどうだっていいのである(乗り心地や広さの方が重要)。
それを話のネタにするのはおそらくこれが「最後のジムニー」であるからだ。
モデルサイクルは20年。次のタイプのジムニーを私は所有することはない。それどころか20年後は自動車を必要とする社会であるのかどうかもわからない。
日本がどうであるのか、エネルギー事情がどうであるのか、人間に満遍なく食糧が届けられているかどうかもわからないのである。