SBI証券の電話窓口の優秀さに驚く。なんなのここ? 素晴らしいんだけど。

なんと昔私はこちらに口座を開設してたみたいなのです(イートレード証券時代)。全部忘れてた。はぁ。
※2004年に同時に4つの証券会社で口座を開設した。複数の口座で比較しないと安心できない。
このことについて問い合わせると、話してるうちにチェックが完了し最適の手順で結論まで至っている。全部あちらで自然に会話中に処理されてる(「ただいまお調べしますので少々お待ちください」とか、ない)。
なんなのここ!? 優秀すぎる。
先日問合せた他の業者なんて話通じなくて3日間混乱してたんだよ!?!?

                    • -

ソフトバンクぅ?」と言ってなめてた私は反省しなくてはならない。まじで恐れ入った。優秀です優秀。例えば自分の会社動いてたらまじでほしくなる人材。そういうのが窓口にいるという(←重要。会社の顔である。そこにコストをかけている)。

                    • -

いまから約10年ほど前。草創期のネット証券会社はみな大手インターネット関連資本に買い取られた。あるいは他の証券会社と統合した。ソフトバンク楽天はそうして巨大化した。双方とも球場まで所持している。
本気で驚いちゃいますね。
楽天が野球始めるときは「楽天が!?」と驚かれてまでいたのです。

                    • -

あと1社、謎の口座が残ってるはずなんだ。どこだろう? 探すのも手間だし(今回のSBI証券の口座はたまたま発覚した)。まじ不明である。
別の話になりますが。
異なる金融機関に2つほど口座残してたはずなんだよな。農協とか。1万円以上残高あるはず(口座開設時に振込んだ。農協は「1000円でいいから」というのに、後で使うこと見越してもっと入れたのだ。あれは馬鹿なことをした。農協は銀行ではない。農協を使ってる人々(農民)は1000円しか入れないものなのだ)。