SeagateのHDDがいけないのか? WindowsじゃだめなのでLinuxでパーティション切りをする。FAT32で4分割しUSB接続してマウントさせ最後に筐体内へ。これで起動確認。

現在のWindowsではディスク管理が厳しすぎます!
筐体内でフォーマットしたディスクは基本ロックされる。他のOSからいじれない。他のOSから操るときは基本VMを使用する。環境は高度にバーチャル化されている。良いマシンを1台揃えてそれに全部任せるのが現代流なのだ。最新機種も劣化する。マシンのサイクル考えたら短期間で使い切った方が賢いのだ。美味しい時期は短いのだ。
業務用として自作する人間はいなくなった。矢鱈面倒なのだ。一式外注しちゃった方が早い(※仕様がめんどくさい場合)。それでも旧型のフォーマットを用いてHDD抜き差ししてでも複数のOSからアクセス可能にしようと試みるのは、散逸したデータを1箇所に集めて管理する必要を強く覚えたからである。
動画の編集をがんがんにこなしていた時期があった。
パソコン3台とメール機と持ち運びHDD2台を常に展開できるように一室に集め、場合によってはキャンピングカーでそれら一式を持ち運ぶ。撮影用具一式も。
なんと現在。種々の機械が増えて環境はそれらより複雑化しているのだ(※パソコンのスペックは上がったので複数台展開の要は減じたのだが)。
混乱しているのは当たり前なのである。