面白すぎる『ICPO総裁、中国で拘束か 仏当局が捜査始める』2018/10/6 7:26。

ICPO総裁、中国で拘束か 仏当局が捜査始める
2018/10/6 7:26
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3621592006102018NNE000/?n_cid=SNSTW001

【パリ=白石透冴】中国出身の国際刑事警察機構ICPO)の孟宏偉総裁が、フランスから中国に入った9月下旬から行方不明になっていることがわかった。中国当局に何らかの理由で拘束されている疑いがあり、ICPOの本部がある仏リヨンの検察当局は捜査を始めた。

64歳の孟氏は中国公安省の次官を務めていた2016年、中国人として初めて任期4年でICPOの総裁に就任した。リヨン在住の孟氏の妻からこのほど仏当局に「中国に入った夫と連絡がとれない」と通報があった。仏当局は仏国内で行方不明になったのではない、と判断している。

香港の有力紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは関係者の話として、孟氏が空港に到着後ただちに中国当局に拘束されたと伝えた。

中国出身者が帰国時に突然拘束される事例はこれまでにも起きており、数カ月たって汚職などの容疑があると明らかにされる場合がある。ただ孟氏の拘束の容疑や場所は明らかになっていない。

ICPOは世界の警察間の連携を強めるために設立。192の国・地域の警察組織をメンバーに持ち、国境を越えて犯罪や犯罪者の情報を収集・分析している。