アジア化する日本『自転車 5歳児2人OK 双子のママ、3人乗りを開発』毎日新聞2017年1月18日 17時54分。まじで東南アジアの3人乗り。中国でもみられない。

私はこういう乗り物に否定的です。重心が高くなりブレーキの負担が増える。
「キャンピングカーに賛同してておまえ・・」と思われるかもしれませんが、あちらの方が安全性は相対的に高いと思われる。理解して乗っているからだ。
こちらは危険だ。子供2人乗せ自転車一般に言えることですが。なぜ毎回子供2人を乗せて歩くのかわからない(※わかりますよ? でも危険を承知で乗せている意味が分からない)。
わかるのはここだ。日本はどんどん東南アジアの価値観に近づいてる。このような乗り物は(乗用形態は)あちらでは普通なのだ。
いまでは中国ですら電動自転車はひとり1台に近い。多人数で乗車してる例は少ない。日本て正直時代に逆行してますよね(そしてこういうのを持ち上げる新聞・・)。

                    • -

自転車 5歳児2人OK 双子のママ、3人乗りを開発
毎日新聞2017年1月18日 17時54分(最終更新 1月18日 18時56分)
https://mainichi.jp/articles/20170119/k00/00m/040/017000c

試作の3人乗り自転車に乗る中原美智子さん(右端)と双子の親子=「ふたごじてんしゃ」提供

 5歳の双子を乗せられる3人乗り自転車を、大阪市都島区の中原美智子さん(45)が開発し、年内に製品化が実現する。双子の男児を育てる中原さんは「育児の手助けになれば」と話している。【竹内梓】

 かつて禁止されていた3人乗り自転車は2009年、子育て中の親らの要望を受けて警察庁が方針を変更、基準を満たした自転車に限り、16歳以上が6歳未満の幼児2人を乗せることを認めた。しかし、安全性の面からメーカー側が年齢や体重制限を設けたため、5歳児2人を乗せられる自転車は出回っていなかった。現在、一般的に購入できる3人乗り自転車は、自転車とチャイルドシート両方の安全基準を満たす必要性から、同時に乗せられる幼児2人は4歳(体重15キロ)未満と6歳(22キロ)未満までだ。