Bubbel 君『天野めぐみはスキだらけ!』の登場人物天野めぐみを激推しする。『キャンパスクロッキー』の天野めぐみとは当然別。小陳恋次郎は未登場。

2010年代の小学館週刊少年サンデーで連載されてる『天野めぐみはスキだらけ!』の登場人物である天野めぐみと、1980年代に集英社週刊ヤングジャンプで連載されてた『キャンパスクロッキー』の登場人物である天野めぐみは、ヒロインである点で共通です。両者の持つ色気の量は異なり、物語における出現頻度は明確に異なるのですが、可愛いし健全なマンガなんでそれはそれとして良しとする。
なんてこと私が言うわけないでしょう!
言いたくないが少年サンデー、「勝ち組」思考にとらわれている。主人公たちは高校生という伸び盛りの年代であり(※読者の年代と重なります。なのでこれは正しいとも言えるわけですが)勉強や運動の成果が直接に将来を決定する段階に至っていない。ジュブナイルでありモラトリアムである。それをいいことにカプセル化した世界の中でラブコメが描かれる。幸せで平和である。この流れが消えたとき現代の作品はどうなってしまうのだろうか?
『キャンパスクロッキー』では平和を破壊する者が登場する。
それは、主人公が4流大学の学生であり、主人公に恩義を感じて食事をご馳走してくれるという家を訪れても、大学名を言うだけで輸入物のウイスキーが買置きのビールに変わってしまうなどという、外部から言われなき差別を受ける点にある、という部分にあるのではなく、物語のカンフル剤として投入される主人公のBAKA方面でのライバル 小陳恋次郎 の出現にある。
小陳恋次郎である。
おかっぱ頭に黒ぶちメガネで詰襟の学生服を着用し、東大合格を目論みながらやってることは本能のままに暴虐の限りを尽くす、小陳恋次郎なのである。
この名前で検索したとき、自分のブログがいきなりトップ10に入ってきて驚いた。ネットに情報がないのである。
キャンパスクロッキーは主人公の大学生活を語るものなのだが、小陳の出現で物語は100パーセント別方向へと向かい出す(主人公が登場しなくなる)。小陳のキャラが強すぎて話を乗っ取ってしまうのだ! さっきまで真面目な人情話を読んでたはずなのに大暴れする小陳をみて、いつの間にか読者は大笑いしてお腹を抱えて床をのたうち回ってしまうのである。
気をとり直してページをめくってみると、何かに失敗して落込む主人公にヒロインの天野めぐみが優しい言葉をかけてる。
あれ? こういう話だったっけ??
そんなマンガなんだ。
『キャンパスクロッキー』は、『わたしの沖田くん』『ネコじゃないモン!』同様にヤングジャンプのあり方を決定した作品だったのだが(私は NAKAJIMA の部屋で読みましたが、当時の日本の大学の研究室にはおそらく何処にも置いてあったはずです。ノーベル賞受賞者利根川進氏は毎週週刊少年ジャンプを欠かさず読んでるそうですが、あんな感じなのだと思う)当時の内容はいまではほとんど忘れ去られてる。
いまでは小陳を出す前にラブコメは打ち切られてしまうのだ。