それは塾・予備校のせいです。子供のころからこんなんばっかり『ニッポンのビジネスマン、なんで服に関心ないんやろ 伊藤忠商事社長 岡藤正広氏(上)』日本経済新聞 2017/5/17。愚かにも美的価値を重視しなくなった国民。こんなんじゃ滅ぶわ。

戦後から1990年代半ばころまでの日本の製品は美しかった。
自動車、モーターサイクル、家電製品、住宅、カメラ、等々・・
みな、カタログ雑誌に入れて飾りたくなる。ミニチュアとして手元においておきたくなる。
衝撃のデザインセンス。
これが我が国が世界に進出する切っ掛けとなった。
デザインが秀でていたからメイドインジャパンは世界的に売れていたのです。
※参考ですが、例えば自動車では「トヨタS800」、カメラでは「キヤノンデミEE17」あたりを検索してみてください。後者は自分も持っていました。性能はともかく、美しさにひかれて買ったのです(ピント調節レバー、フイルム巻き上げレバー等がとにかく美しい。ひとの触れる部分を美しく実用的にすることに意を注いでいる)。
現在の学校の勉強は馬鹿らしいとしか言えない。成績以外に訴求できるものがない。成績が単純に伸びていただけでは他者を幸せにできるわけないでしょう。でも美しさで攻めれば他者を幸せにできるのです。
※言いたくないけど、私、学校の美術では中学校3年間とおして全部トップでした(←5教科7科目トップなんてのよりこっちを自慢したい。もちろんこれは私自身に多少の利益を与えてくれています)。
※ファッション? はぁ? それもいいけど先ず製品等でしょ。売るという意図でしょ。そっちが美しくなれば自動的についてくると思います。
※※ここでもしつこく書いていますが、カメラだって外見が美しくなければならない。機能は二の次です。持ってて楽しくなるカメラだからこそ使う気も起きる。現在のうねうねした真っ黒い塊である一眼レフを大量生産して「売れねえ」と嘆く Nikon は正直メンバーを入れ替えて、心を入れ替えて生産に励むべきです。
※※常時書いていますが、ディスプレイも既に4Kでなくてはならない。撮影する映像も4Kベースでなくてはならない。旧式を使っていてはならない。そういうのしないで感覚は養えない。そういうのしないで製品や映像や未来の行く末を語ってしまってはいけないと思う。
前世紀の日本人なら会社のPCは既に全機4Kにしていたはずです。
現代の日本人は、そういう意味でさぼりぐせがついちゃってます。

                    • -

ニッポンのビジネスマン、なんで服に関心ないんやろ 伊藤忠商事社長 岡藤正広氏(上)
日本経済新聞 2017/5/17
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO15933840R00C17A5000001?channel=DF060420172329&style=1

 「あかん。日本のビジネスマンは。着るものに関心を持っているようには思えない」。こう一喝するのは伊藤忠商事の岡藤正広社長だ。繊維部門の出身で、「アルマーニ」や「トラサルディ」など海外の著名ブランドと次々に提携、ブランドビジネスを育て上げた経験を持ち、ひところは自宅にスーツやジャケットが数百着あったという。「異能の経営者」とも称される岡藤社長に、ファッションとビジネスについて聞いた。

 ――日本のビジネスマンのファッションをどうご覧になりますか。

 「これがあかん。日本のビジネスマンは。例えば、イタリアではみんなおしゃれな服を着ている。靴もね、黒だけではなくて、茶色やコーディネートに合わせておしゃれなものを選んでいる。悪いけど、街を歩く日本のビジネスマンを見ても、着るものに関心を持っているようには思えないんだよね」

 「あれ、なんでなんかなあ。その昔、『男が着るものにチャラチャラするのは……』、ということあったでしょ。今のビジネスマン、いまだにそう思っとるんかな。昔のような『着るものにお金を使うことを潔しとしない』、そんなのがまだ残っているんじゃないかな。でも、若い人はそうじゃなくなったでしょ」

 「けど、ほんとうに、なんで服装に関心持たないんやろうなあ。余裕がないんやろか。ぼくは結構気を使っている。今の春夏物だって20着以上買っているんだよ。スーツは11着、これは前からイタリアでオーダーしていた。それとジャケット。(ベルギーの高級紳士服地ブランドで、日本法人が伊藤忠子会社の)スキャバルでつくったのが7着くらいあったかなあ。ほかのメーカーのやつも5着くらいあるからね」

 「だからもう、いままでのやつは全部じゃないけど、専門業者に引き取ってもらった。30万円くらいのやつで、ほとんど着ていないやつが3000円やで。小型トラック1台分になるくらい、いろいろ引き取ってもらったけど全部で10万円。もう、『へー』って感じや(笑)」
伊藤忠商事社長の岡藤正広氏。この日はベルト、靴、時計ベルトを茶系で統一したという。

■「メード・イン・ジャパン」の再評価 それでも勝てないものがある

 ――現在の国内ファッションビジネスの動向をどのようにご覧になっていますか。

 「最近、特に感じるのは『メード・イン・ジャパン』が見直されているということ。今まではどちらかというと海外、メード・イン・イタリーとかヨーロッパ、そういうところの原産地表示が評価されてきた。同じ海外ブランドでもイタリア製がよかった。それがここにきて、日本製がものすごく評価されて、メード・イン・ジャパンを打ち出しているんだよね」

 「東京・銀座に商業施設『GINZA SIX(ギンザ シックス)』がオープンしたけど、ぼくは開業前に行って2時間かけて全部みたんですよ。うちの関係の店も10店舗近く出とるからね。やっぱりそこでも『メード・イン・ジャパン』『これ国産なんです』と、前面に押し出しとるんだな。日本のものづくり、素材のよさ、こういったものが評価されている。ファッションだけではなくて、すべての産業界にこうした動きが移りつつあるのではないかと、そういう気がしている」

 ――ご自身は海外の著名ブランドを日本に次々と導入してこられました。

 「日本製が評価されるのはいいことだが、日本製でもヨーロッパにどうしても勝てないものがある。それは感性なんですよ。最近、福島県のメーカーの絹織物がエルメスのスカーフ生地に採用されたことが話題になったけど、表に出てこないだけで、ああいう話は昔からあってね」

■ファッションだけにとどまらない、デザイン・ブランドの劣後
「デザインとブランド。それが日本の弱点」と説く

 「いつも引き合いに出す話があって、東北のあるメーカーがフランスの高級婦人服ブランドに生地を納めていたんだけど、1メートルあたり5000円の生地が、スーツになると150万円。その生地がなければそのブランドの服はできないのに、1着分3メートルとして生地のコストは製品のわずか1%。こういうところが日本のファッションビジネスの壁なんですよ」

 「いい素材をつくって、きちっとした素晴らしい縫製もできるけど、ブランドという、ソフト面でのギャップというのが、なかなか追いつけない。それは繊維・ファッションだけじゃない」

 「例えば昔なら、海外の一流ホテルにあるテレビは、ソニーとかシャープやパナソニックでしたよね。それが今は違って、韓国のサムスン電子LG電子

 「だけど、サムスン、LGというのも基本的にはアセンブリーで、じゃあ、何が評価されているのかといったら、そのデザインとブランドなんですよね。日本のファッション産業と同じことが、ほかの産業でも起こっているんです」

 「これは日本人の欠点、弱点なんですよね。これを何とかできないかなあと。これだけ技術があって、素材だけじゃなくって、半導体から何から、いろんなものが世界に出ているけれども、しょせんは部品なんです」

 「アセンブリーメーカーはそれがなければやっていけないのに、安く買いたたいていく。それで、日本の電機メーカーは、みんな苦しんでいる。サムスンなんか、いつのまにかブランドがよくなっとる。『それはなぜ?』ということやね」

 「ものづくりを一生懸命やる、というのも大事だけれども、やっぱり、デザインとかね、ブランドとか、そういったものが、日本の場合は遅れているのではないか、という気がするね」

 ――どうしたら感性を育むことができますか。

 「問題は感性だけでもないんだよ。同じアジアでね、韓国が日本を追い抜いているわけやから。『なぜそうなったのか』ということを研究してやれば、日本もできると思う。別に日本人の感性が衰えたわけやないからね」

■日本人の感性が劣っているわけではない
「ものづくりも大事だが、デザインやブランドで、日本は世界に遅れている」

 「日本人の感性が世界で劣っているわけでもないと思うね。いろんな分野で、日本の技術が再認識されているでしょ。そういうものは、やっぱり感性がないとできないんじゃないかな」

 「例えば車なんかでも、高級車の最後の検査は手でみてやるでしょ。そいういうことは、アメリカ人やヨーロッパ人は、できないわね。あれは感性なんでしょう。職人というか、匠(たくみ)の世界ですよね。こういうのは、どんどん、世界からなくなっているけど、日本ではそれが何百年も、引き継がれているわけですから」

 「感性というのは、日本は世界でやっぱりトップ水準やないかと。だけど、その導き方、というか、それを生かす方向性を、ちゃんとすればもっと伸びているはずなのに、もったいないな、という気がするんですね」

(聞き手は平片均也)