日本に災厄をもたらす次期大統領最有力「文在寅」の正体 『iRONNA編集部』 西岡力(東京基督教大学教授 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)会長)

日本に災厄をもたらす次期大統領最有力「文在寅」の正体
『iRONNA編集部』
西岡力東京基督教大学教授)
http://ironna.jp/article/5994

 朴槿恵が弾劾訴追されたのは、朝鮮日報東亜日報中央日報という韓国の保守系新聞が誤報を繰り返しながらも、左派と同じトーンで朴槿恵叩きをやったことが一番の原因じゃないでしょうか。

 今回、北朝鮮朴槿恵の罷免決定から1日もたたないうちに北朝鮮が速報を流しました。昨年10月以降、韓国のマスコミが大々的に「崔順実スキャンダル」を報道し始めてから北朝鮮のメディアは継続して朴槿恵を弾劾すべきだ、逮捕すべきだと発信し、韓国のマスコミはよくやっていると書いていたんです。

 朴槿恵退陣のデモを主催した団体の主体は親北の左派です。その中心勢力は民労総(全国民主労働組合総連盟)という極左労働組合。国家保安法の反対やTHAAD配置の反対、北朝鮮と連邦制で統一すべきだと掲げ、デモをやってきた組織です。

 一昨年には火炎瓶を投げたり、鉄パイプを振り回したり、過激なデモをやっていて、国民の支持はあまり得られなかったけど、今回は10月に保守系の新聞が大規模なキャンペーンをやったために、朴槿恵弾劾というスローガンに変え、暴力的な行動を謹んだ。

 でも毎週土曜日に大集会をやって、その大集会の主催者もこの労働組合だったんですが、過激な主張を隠して「ろうそくデモ」をやったので、一般国民もマスコミの報道を信じてどんどん集まった。それに国会は与野党ともにろうそくデモの大衆動員を恐れて、拙速に弾劾訴追をやってしまったということです。

 今回のデモの主催者がつくった主題歌は「これが国か」というタイトルですが、崔順実みたいなおかしなおばさんが国政を篭絡するなんて、これが国なのかという歌で、その歌を作詞作曲したのがユン・ミンソクというシンガーソングライターだった。

 ユンは国家保安法違反で複数回逮捕されており、その理由のひとつに「金日成主席は人類の太陽だ」という歌を作ったという事実がある。この主題歌をつくったのはこんな人だということを一切報道せず、純粋な政府に対する反対運動なんだと書いた。

 他にも「Kスポーツ」という財団をつくって、その財団を支配していた理事長が崔順実が通っていたマッサージ屋のおやじさんを使っていたと言っていたが、実はその理事長は、ソウル大学で博士号をとった体育学の専門家で、マッサージなんかしたことがない。いまだにその誤報を訂正していなくて、そういう印象操作をたくさんやって国民を怒らせた。ただ、国民の多くが弾劾に賛成しているのは、こうした誤報を信じていたこともあります。

 今、次期大統領の最有力候補とされている文在寅は日本にとって脅威になりかねません。前回選挙に出たとき、統合進歩党という極左政党と政策協定を結んで選挙協力し、統合進歩党は大統領候補を出したが、途中でおろして、文在寅を支持すると言って政策協定を結んだ。

 統合進歩党朴槿恵政権時代に、国会議員の自分の地下サークルをつくってそこで秘密演説をして、戦争になったら我々は武装蜂起すると言っていた。武器や爆薬を準備し、秘密サークルのメンバーに演説していて、そこに入った国情院のスパイが録音したテープを証拠として、国会議員を逮捕したんですね。そのような極左政党と連立政権を組もうとしていたのが文在寅なんです。

文在寅氏と朴槿恵元大統領
 文在寅が直接北朝鮮とつながっているという証拠はないが、かなり危険であることに間違いないんです。なぜなら、大統領に当選したら、ワシントンではなくて平壌に行くと言っているぐらい。さらに、日韓慰安婦合意は見直すべきで、THAAD配備についても延期すべきだと言っている。

 盧武鉉政権時代の外務大臣が出した回顧録の本には、こんなエピソードもあるんです。盧武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議に賛成か棄権するか揉めたとき、当時秘書室長だった文在寅が北朝鮮に意向を聞いて棄権したということが書いている。北朝鮮に政策を聞くのかとスキャンダルになったが、朴槿恵スキャンダルで消えてしまったんです。

 文在寅は当選したら、最初に平壌金正恩に会い、そして2000年の南北共同宣言で金大中金正日の間で連邦制による統一をするという合意ができているので、その連邦制による統一を進める実務協議を始めるつもりのようです。連邦制による統一ができたら韓米同盟はいらない。米軍は撤退ということになり、これは大変危険なことなんです。

 米軍が駐屯しているのは北朝鮮という仮想敵があるためで、統一ができたらもう必要ない。日本にとっては、朝鮮が赤化したら大変だが、アメリカにとってはそれほどでもない。中国は朝鮮戦争で北が勝ったのと同じことなのでもちろん歓迎するでしょう。

 朝鮮半島全体が反日勢力に陥るのは、日本にとって地政学的に最悪の危機になる。白村江の戦いで負けたとき、モンゴルが高麗を滅ぼして朝鮮半島全体を散らしたときも日本が侵略の危機にさらされた。さらに日清、日露戦争も半島全体が敵対勢力の手に落ちないために戦った。

 特に日露戦争は半島がロシアにとられたら日本は植民地になってしまうと思い、国力の差をわかったうえで戦ったんです。朝鮮戦争のときも日本を統治していたマッカーサーは、半島が全部とられたら日本を守れないと思っていた。マッカーサーは解任されたあと、米議会で、日本の大東亜戦争を侵略とは思えないと言ったのは、日本は朝鮮半島を守らなければならなかったからで、そのためには満州が必要だというのは理解できたんですね。

 日本を守るという観点では、在韓米軍がいることで、日本は安全だった。でも、米軍が撤退し、半島全体が核を持つ反日勢力の手に落ちると、日本は危機にさらされる。白村江の戦い日露戦争の負けたときと同じような状態になるんです。

 韓国では今月、弾劾反対の30万人のデモがソウルで行われ、今日も判決が憲法違反だというデモが起きて死者も出ています。激しい保守派の抵抗もあって、大統領選で文在寅が勝つかどうかはまだ分からない。ただ文在寅が当選しても、保守派は体を張って阻止しようとするだろうから、流血の事態になるでしょう。そのときに国軍はどう動くかで、連邦が反対だと内戦状態になる可能性もあります。

 北朝鮮も暴走が続いています。朴槿恵政権が当初は北との対話を目指したが、昨年2回の核実験を実施しました。発射後、韓国が核開発を止めないなら体制を倒すという政策を決めて、北朝鮮との心理戦をどんどんやったら、北朝鮮幹部が相次いで亡命していった。公開されていないが、高官が次々と飛んできて、朴槿恵政権が積極的に助けてきたんです。この状況に北朝鮮朴槿恵を倒さなければ自分たちが倒されるという危機感を募らせているはずです。結局、韓国も北朝鮮も危機に瀕しており、どっちが先に倒されるかが注目されるところでしょう。(聞き手・iRONNA編集部、川畑希望)

にしおか・つとむ 東京基督教大学教授、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会救う会)会長。昭和31年、東京都生まれ。国際基督教大学卒業、筑波大学大学院地域研究研究科修了。韓国・延世大学校国際学科留学。在韓日本大使館専門調査員、「現代コリア」編集長などを歴任。産経新聞「正論」執筆メンバー。主な著作に「よくわかる慰安婦問題」「日韓『歴史問題』の真実」「韓国分裂−親北左派vs韓米日同盟派の戦い」「日韓誤解の深淵」「拉致家族との6年戦争−敵は日本にもいた!」「北朝鮮の『核』『拉致』は解決できる」「朝日新聞『日本人への大罪』」などがある。