自分の愛機は Konica FTA であった。レンズ2本付き1500円(ジャンク)。これから広角とヘキサノンに目覚めた。

例によって意味もなく買った(20年以上前です)。
最初の本を書いたとき。写真まで自分で撮るとは思わなかった。そういうのは「指定すれば揃う」ものと思っていた(編集の作業と思っていた)。しかしそうではなく自分自身の写真すら自分で撮らなくてはならない(←結局友人に頼んだ)。これは大変だ。とりあえず機材を揃えなくては。かつて使っていた キヤノン オートボーイ(初期型)はとうに壊れていたのです。
どういうわけかその先ハードオフに通うようになり、中古をあさってデジカメのはしりである SEGA SJ-1 DIJIO と一緒に購入したのがフイルムカメラの Konica FTA である(DIJIO も当然中古です)。
FTAは金属筐体の一眼レフである。1960年代末期の製造。当時でも30年近く経ってる。保管してた家屋は当時藁葺きであったろう。湿気を断てない。標準レンズにはかびが生えていた。
本体の露出計も効かなかった。この辺は自分で分解して整備。レンズはクリーニングに出したのだが安価に済んだ。これで 50mm と 135mm の2本のレンズを揃えるシステムカメラを手に入れたわけです。
ファインダーをのぞいてフォーカシングを練習する。
なかなか難しい。対象が動いてると特に合わない。このときプロカメラマンに教示してもらって「そういうときは身体全身で前後するんだ」と技術を会得した。この前後技は確実でありいまでも使う。数ミリ単位で左手を使うくらいなら数センチ刻みで体軸を前後にぶらすのです(←他のカメラマンがいるところでは嫌がられるのですが)。
しかしなかなかいい写真が撮れない。難しい。FTA 一式を持って北海道から四国まで行ったのに全然納得できない。
レンズを替えて全部解決しました。
新橋のカメラショップで中古の HEXANON 28mm を購入した(1万円。コニカは安いのです)。これが凄かった。何を撮っても絵になる。ちょっと前に『プロなみに撮る写真術』シリーズを読んでいた。そこでは撮影はレンズが全てを決めると記されており、世界各国の中古レンズがリスト化されていて日本代表は ZUIKO と HEXANON だったのだが、それが納得できる出来栄えだった。
それにしても重かったなあ〜。
容積もとった。レンズ3本、カメラ2台、フイルム数本でどんだけになるんだと(コニカを買い増ししました)。これで九州行きとなったら数キロ余計に荷物担いで行くわけで駅のホームでえっちらおっちら。三脚も持っていって現場で展開して水準器使って水平出ししてレリーズケーブルでシャッターを切る。ほとんど変態です。あんな苦労して何になったんだ。
その後は機材が重いということ自体が嫌になり、オリンパス PEN を経て中古ハーフカメラをじゃんじゃんコレクションしていったのだが(←1台2000円しないくらいだったのでびっくりするほど買った。15台近く買って数万円。ハーフカメラブームが来る以前である)そんな行為のすべてを130万画素の 京セラ SAMRAI 1300DG と 200万画素の オリンパス C-2020Z は瞬く間に吹き飛ばしてしまった。

                    • -

金属筐体のシャッター音の騒々しさにも驚いた。「シャキーン(スパコーン)!」と響くのです。2段階で響く。発する音が大きくボディが音叉のように振動するので、教室等で使用すると壁から壁へと残響が反射し「スパコーン!」と後をひく。子供たちは興味津々でみている。同時に所有していたプラスチック筐体では「シャキラ!」と音は切りよく停止するのです。
音がどうなるかなんて計算なく設計したんでしょうね1960年代なので。
でもまたそれが面白いのだ。マクロ撮影を思い出し、これまた旧式である OLYMPUS ZD 35mm f35 MACRO と E-520 を引っ張り出してみたのですが、操作音がいちいちしゃきしゃきスパスパいってて驚いた。フォーカス合わせのレンズ駆動、合焦音、ミラーアップ、シャッター音、いちいちうるさい。電源を切るときまでがたがた震えるのだ。これらの多くには演出が入っていて嫌味さは全くないんだけど、無音で動作し動画撮影も可能となっている現代のデジカメとあまりに違いすぎる。
現代のデジカメは優れている。機械性(趣味性)をわずかに残していた10年前のデジタルカメラは既に過去の製品である。

                    • -

FTA についての追記ですが。
その後、システムカメラを持ち歩くときには自動車やバイクを使うのが普通であると気付いた。撮影場所をみつけたら光量や影が最適になるまで粘るのです。朝の一瞬、朝靄が晴れる前とか、夕刻の立木の影が尾を引く数分の間に撮る。そのタイミングが来るまで現場に張り付く。それがその手のカメラの性能を活かした撮影だ。
電車やバスなどの公共交通機関を使って合間に撮るというのならコンパクトカメラの方がいいのです。
というよりコンパクトカメラでなくてはならない。
海外をツアーでまわるなら当然コンパクトカメラでしょう。もちろん一眼でもいいのですが、得られる結果は同じであると思います。
※もちろん被写体としてモデル等を連れているなら一眼レフである意味がある。