これが早稲田閥か『小保方晴子氏「婦人公論」で連載開始 2年前から書き留めた日記』。2017年1月7日 13時3分 スポニチアネックス。

やらしーなあ。

                    • -

小保方晴子氏「婦人公論」で連載開始 2年前から書き留めた日記
2017年1月7日 13時3分 スポニチアネックス
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12508689/

 STAP細胞論文の著者で理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(33)が6日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で連載をスタートした。

 新連載のタイトルは「小保方晴子日記 『あの日』からの記録」。同誌の公式サイトは「彼女は理研を退職した2014年12月から、身の回りに起きた出来事と心情を日記に書き留めていました。このたび、その記録の連載が実現。初回は特別編として、近況報告を兼ね、連載を始めるまでの経緯が綴られた2週間の記録をお届けします」としている。

 2016年11月10〜24日の2週間の日記を3ページにわたって掲載。栄養療法による治療に取り組んでいることなどを明かしている。

 次号からは退職直後に日記が掲載される。

 昨年5月には、作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(94)と同誌で対談し、2年ぶりのメディア登場が話題になった。