考えたら「夏のあいだじゅう療養」を繰り返す生活ではあった。

中学2年時も(左肘脱臼骨折)
大学3年次も(右鎖骨骨折)
1999年も(左足骨折)
2007年も(肋骨骨折)
そして現在の2016年もですか。
痛みに耐え、動けずにベッドに横たわる。忍の一字ではある。人々は私が定期的に長期間活動不能に陥らざるを得ない状況を認識しえない。


※私は体が丈夫でなく小学生時代は年中保健室登校でした。中高では頻繁に貧血で倒れた。なので兵士としての戦力になり得るキャラではない。そういうキャラを求められても対応できない。
自分ひとりだけで作業するというキャラクターは長期入院がもたらした。
チーム活動は好きです。しかし私の手足となってくれない限りチームは早晩瓦解する。