NIKON 新機種 D5, D500 発表。4K動画撮影機能搭載。うーん・・(※4K動画は撮影手段を選びます)。

えーっと。これから出るすべてのメーカーの上位機種のカメラにおいては、4K撮影は必須であると当方も十分考えるところのものであります。
で。
場合によっては不要ですね。昨年試してみました。機種はパナソニックG7です。4K動画を撮影後、4Kモニタで確認してみました。じっくり見ると素晴らしい。確かに1カットずつ静止画撮影した!と思える感じでフレームが続く。
しかし。
見る方の目がついていかない。撮影時にそれがわずかにでもぶれてしまっていると、モニタ越しの再生では解像度が低くとらえられる。2Kの撮影とあまり変わらなくなる(※コマ送りにすると違います。しかし流しっぱなしにするとあまり違わなくなる)。わずかなぶれがあると収まりつかなくなる。つまり手持ち撮影では無理なのだ。4Kの性能を活かすには撮影時にきちんと固定する必要がある。リグ抜きで振り回すような撮影してると4Kのメリットは消えてしまう(※ファイルには解像度は保存されている。つまりメカニック的には問題は解決している。もし、再生時に8Kモニタがあるのであれば、アップコンバートしてなめらかな動きにし、視覚的に輪郭を保存するような処理も可能であるとは思います。4Kモニタで再生する場合、撮影フレーム=再生フレームとなるので、動きものでは輪郭処理ができない。視聴者の視覚は原理的に動作に追従するのは難しい)。
リグ、クレーン、ステディカム、ドローンを使用するならいいでしょう。特機を使用するならいいでしょう。
ていうか特機前提だな。4Kは。それ抜きでは2Kと変わらない。クレーン出すのはものすごい大変なので自分のG7は出番が減ってしまいました。NIKON のこれもそういう目的で使うべきなのでしょう(動画ではね)。
※D500 のカタログが素晴らしい出来なので感動しました。さすがトップメーカ。モトクロスのシーンなんて笑っちゃうような出来です。末尾にリンク掲載。
※当方、それ以降パナソニックG5を使用しています。G5まじいいわ。めちゃくちゃコンパクトだしホワイトボディで可愛げがある。解像も優秀。これ以上の性能って場合によると要らないくらいです。
※クレーン使って撮りたい!リグ使って撮りたい!という欲求はあるのですが。一日に撮れる長さが限られる。あのくそ重い一式を持って単独行動は不可能だ。つまりひとと組みたい。あー映像の世界に戻りたい。
※実をいうと「60p」撮影が可能なら4Kはメリットしか残らない。「60p」は素晴らしい技術で、微ぶれの問題もことごとく解決する。パナはやく60p出さないかなー。
◯プロフェッショナルの撮影領域を拡大する次世代フラッグシップモデル
デジタル一眼レフカメラニコン D5」を発売
http://www.nikon.co.jp/news/2016/0106_d5_02.htm
◯「D5」と同等の153点AFシステムなど、高い性能を小型・軽量ボディーに凝縮したDXフラッグシップモデル
デジタル一眼レフカメラニコン D500」を発売
http://www.nikon.co.jp/news/2016/0106_d500_03.htm
◯D500 カタログ
http://chsvimg.nikon.com/lineup/microsite/d500/common/pdf/digital-brochure-ja.pdf