私信。FUJIFILM FinePix X100 ってやっぱすごいわ。代替できるカメラなし。画素数除けば現在でも超一級。ダンガンロンパの江ノ島盾子ちゃんです。

このブログは私信です(もっとも本ブログは全部私信ではあります)。
2週間前に久々に FinePix X100 中心に撮影してみたんですよ。いやーいいわー。
FUJIFILM 独自の画質調整機能が素晴らしいんですよね。「フィルムシミュレーション」と言われていますが、それ以外にも感度・ハイライト・シャドー・シャープネス・ノイズフィルタ・色温度等細かく設定できる。それらを保存しボタンひとつで呼び出せる。「この状況ではこれか!?」と思ったら、2秒でそれを呼び出せるのです。
他メーカーの機種では個別に感度等を呼び出しますよね。あるいはモードダイヤルにカスタム設定を割り当てる。色合いなどでは「マイカラーモード」等でメーカー設定を強制したりする。これでは当たりが出るまでに何度も空振りすることになる。
これはもう決定的な差ですね。シャッター押せば結果が出てくる。
いまでは他メーカーもそれに追従する傾向にありますが。シャッター押して撮影が完了するカメラは当時は富士フィルムだけだった。
高精度なAF。暗所でもOKなレンズと素子。接写とパノラマと動画時の拡大を許容したことで単焦点でも万能に使える35mm枠。ビルトインの光学ファインダー。ポップアップしない内蔵フラッシュ。無意識に操作できるアナログダイヤル。無音のレンズシャッター。軽量なボディ。十分に機能を果たす革ケース。この形式では意外なほど保つバッテリー(背面液晶使用時で600枚。光学ファインダーに限定すれば多分さらにいける)。
そして結果が伴うのだ。ちょっと驚いちゃったのですよ。
本当に魂が篭められていますよね。富士フィルム魂です。
手元に、いま不要なカメラがごろごろしています。種々の点で X100 には至らなかった。何故なんだろうと不思議に思う。画質か、操作性か、サイズか、重量か、静音性か、デザインか・・
10年先を見据えて作ったというのは本当だったのですね。
コスプレ撮影を最も楽しんでいたとき。荷物はごく少量だった。ウエストバッグに X100 とフラッシュ2個と三脚2本を収める。自転車で現地に向かう。軽快さにおいても比類がなかった。それでも問題なく全部の撮影が済んでいた。スタジオ撮影までそれで済んでいたのだ。
↓顔出しなしの写真はこれだけorz