米ラスベガス銃乱射事件容疑者の交際女性は北朝鮮人か『乱射容疑者の交際女性は東京に滞在か』。2017/10/3 07:38。共同通信。大韓航空機爆破事件のように日本人に成りすまして事件を起こした可能性。

乱射容疑者の交際女性は東京に滞在か
2017/10/3 07:38
https://this.kiji.is/287715464632665185
米ラスベガスの銃乱射事件で、地元警察は、容疑者の交際相手が東京に滞在しているとみられると明らかにした。





文字化けするが受信するまでいった。文字化けの原因は何? aitendo Bluetooth ユニットについて。

日々着実に進展してるのですが。
基板を Arduino UNO に替えた。Leonardo ではどこにエラーがあるのか確定できないからだ。パソコンは Windows 8.1 に。Bluetooth の使い方が確定しているので。2種類あるユニットは1種類に絞る。これで通信はできるようになった。
あとは文字化けなんだ。
いったいどこに原因が?

コペンハーゲン解釈よりこっちが正しいと思う。量子力学のトランザクション解釈とは? Wikipedia直訳。

量子力学トランザクション解釈(TIQM = Transactional Interpretation of Quantum Mechanics)は、標準的な量子フォーマリズムのpsiとpsi *波動関数を、Wheeler-Feynmanハンドシェイクとして量子相互作用を形成する遅れ(時間的に前進)と進んだ(後退的に)トランザクション。これは、量子プロセスの直感を発展させるのに役立つと主張するJohn G. Cramerによって1986年に最初に提案されました。彼はまた、コペンハーゲンの解釈とオブザーバーの役割に関する哲学的問題を避け、様々な量子パラドックスを解決することを示唆している[1] [2] TIQMは、SF小説の小説「アインシュタインの橋」に小さな点を描いた。

最近では、コペンハーゲン解釈と多世界の解釈がそうではないと主張しながら、彼はまた、アフシャーの実験と一致するようにTIQMを主張している[3] Maxwellの方程式に対する許容可能な解としての先進波と遅行波の両方の存在が、Wheeler-Feynman吸収理論で探究された。 Cramerは、量子論トランザクション的解釈のために2つの波の考えを復活させました。通常のシュレーディンガー方程式は先進的解を認めるものではありませんが、その相対論的解はありますが、これらの高度な解はTIQMで使用されるものです。

TIQMでは、ソースは通常の(遅延した)波を時間的に前方に放出しますが、時間の経過とともに進んだ波を放出します。さらに、受信機は、時間的に後進した波と時間的に遅れた波を前方に放射する。量子イベントは、進行波と遅延波との「握手」交換が、エネルギー、運動量、角運動量などが伝達される取引の形成を引き起こすときに発生する。トランザクション形成の背後にある量子メカニズムは、Sectの原子間の光子伝達の場合に明示されている。 Carver Meadの「Collective Electrodynamics」の5.4節。この解釈では、波動関数の崩壊は、特定の時点では起こらず、「時代遅れ」であり、取引全体に沿って発生し、放出/吸収プロセスは時間対称である。波は、量子力学の他の解釈のように観測者の知識を記録する単なる数学的装置ではなく、物理的に実在するものとして見える。

Cramerは、シアトルのワシントン大学量子力学を教えるのにTIQMを使用しました。

                    • -

もしかするとこれ素晴らしいものですよ!!
何と言っても常識と結合する。コペンハーゲン解釈の方が一般的な常識と矛盾する可能性が高い。
「時間」というものはないのです。時間というものは、並立する2つの自己組織性を持つものの相関にみられるすぎない。その2つの自己形成がある時間軸の向きに一致するだけなのだ。このとき観測=記録が行われる。時間はその記録の中に「ある」にすぎない。
行波の存在により因果律というものの見方も変わる。因果律は破られない。時間は相関の向きに一致するだけだからだ。しかし世界は(宇宙は)常に変動し続けていくのである。

データの流れを目視確認する。有線でUSB経由で流れてくるデータは4バイト。無線でBluetoothでやってくるデータは1バイト。しかも情報は消えてる。なんなのこれ?

目視確認したところ1バイトずつしか送信してきません。しかも無意味な羅列。
Arduino側の回路も内部のソフト(スケッチ)も同じだ。TxとRxを有線(USB)にしているか、aitendo で買ってきた Bluetooth ユニットにしているかだけなのである。
しかも過去の経験では若松通商で買ってきた Bluetooth ユニットでは全く問題なく動いたのである。
わからん。まじでわからん。


Bluetooth ユニット認識きたー。なんと9800bps限定。なんなのこの安物。

ボーレートを高く設定しすぎたようでした。9800bpsにしたらうまくいきました。
しかしまいった。遅すぎです。


ひゅー!格好いい!&まだ先は長いんだからね。

Processingで動くかどうかは未知です。ユニットとしても相性あるだろうし(ボーレートが低いのも気になる)。この先 LinuxBluetooth ドングルをセットしなくちゃならない。送受信確認しなくちゃならない。Windows で動いたからこの先大丈夫と言えないわけです(動くんだろうけどエネルギーの投入に見合うだけのリターンが得られるかどうかわからない)。
Arduinoレプリカも安定した製品に出会うまで二転三転しましたからね(aitendo「びんぼうでいいの」。ここまで数枚のボードを行き来した。手作りも含めて)。Arduino Leonardo でも苦労した。Processing で読み出すときのピンの位置が違うのだ。「こうすれば動く!」となかなか断言できなくてすみません。


ユニット取り外したところ。いい感じで抵抗器が並んでる。状況によって有線無線の切替が可能です。