大変参考になりました『UbuntuからArduino Leonardoにプログラム書き込もうとしたら出たエラーの対応方法』。試行錯誤な日々様。

大変参考になりました。ありがとうございます。
○試行錯誤な日々 2016年11月1日火曜日
UbuntuからArduino Leonardoにプログラム書き込もうとしたら出たエラーの対応方法
http://asukiaaa.blogspot.jp/2016/11/ubuntuarduino-leonardo.html
対応方法
モデムのプログラムを消しました。
sudo apt-get --purge remove modemmanager


驚いた。ヒューマノイドの稼働診断は人間における医師の診断と同じである。

「はい右肩あげてー」(嫌々ながらあげる)
「はい右肩下ろして直線の位置にー」(嫌々下ろす)
あれ?どこ変わってんのかな?
「はい右肩あげてー。再度限界いっぱいの位置にー」
「はい背中向けてー。リセットスイッチ押すからそのままの状態でー」
「(真剣な目で)こういうのいつまでやってればいいんですか!?)」
本当に驚いた。医師の診察と同じである。
患者には内部の仕組みがわからず、それを明らかにするために問診や聴診を繰り返すように、自分はヒューマノイドを稼働させながらその内部の配線やセンサの位置や状態を明らかにしていく。
デスクに向いてコンピュータをぱちぱち打ちながら。

新宿シティハーフマラソン 区民健康マラソン 2017年1月29日(日)。交通規制予告。

これって東京マラソンではないのですね。新宿区だけでやる。区にはそれだけのパワーがある。
すごいことです。
※冬だからいいんですよね。夏に耐久スポーツやったら当然誰かがぶっ倒れます(熱を発散できない)。先日の京都女子駅伝で雪の中走る姿が写し出され『八甲田山』とか言われてましたが、スポーツ中の身体ならあんなの全然大丈夫。あれくらいでないとかえって危ない。気温20℃だったらちょっとまずいことになっていたでしょう。