移民の火付けが無罪とか『German court calls synagogue torching an act to 'criticize Israel'』。By BENJAMIN WEINTHAL Fri, 13 Jan 2017, 10:41 AM。

German court calls synagogue torching an act to 'criticize Israel'
By BENJAMIN WEINTHAL
Fri, 13 Jan 2017, 10:41 AM
http://m.jpost.com/Diaspora/German-court-calls-synagogue-torching-an-act-to-criticize-Israel-478330#article=6023OEJFQjg4RjY1OTg3M0NDN0Y1RUJERTczNzg1Q0E2OUU=

A regional court in Germany has decided that a brutal attempt to set fire to a local synagogue in 2014 was an act meant to express criticism against Israel's conduct in its ongoing conflict with Gaza

A regional court in Germany has decided that a brutal attempt to set fire to a local synagogue in 2014 was an act meant to express criticism against Israel’s conduct in its ongoing conflict with Hamas.

A German regional court in the city of Wuppertal affirmed a lower court decision last Friday stating that a violent attempt to burn the city’s Bergische Synagogue by three men in 2014 was a justified expression of criticism of Israel’s policies.

Johannes Pinnel, a spokesman for the regional court, explained the court’s decision regarding the three German Palestinians who sought to firebomb the Wuppertal synagogue in July 2014. The court said in its 2015 decision that the three men wanted to draw “attention to the Gaza conflict” with Israel and deemed the attack not to be motivated by antisemitism.

Israel launched Operation Protective Edge in the summer of 2014 to stop Hamas rocket attacks into Israeli territory.

The court sentenced the three men – Muhammad E., 31, Ismail A., 26, and Muhammad A., 20 – to suspended sentences for tossing firebombs at the synagogue. and causing €800 worth of damage.

The original synagogue in Wuppertal was burned by Nazis during the Kristallnacht pogroms in 1938.

Wuppertal has a population of nearly 344,000 and is located in the state of North Rhine-Westphalia.

The court noted that the men had consumed alcohol and there were no injuries to members of the synagogue.

A 13-year-old boy who lived near the synagogue and noticed the flames called the police. Several days before the fire, a person sprayed “Free Palestine” on one of its walls.

After the court’s ruling, Volker Beck, a leading Green Party MP, said the “attack on the synagogue was motivated by antisemitism” and blasted the court for issuing a decision stating that the goal of the attack was to highlight the war in Gaza.

“This is a mistaken decision as far as the motives of the perpetrators are concerned,” he said, adding that the burning of a synagogue in Germany because of the Middle East conflict can be attributed only to antisemitism.

“What do Jews in Germany have to do with the Middle East conflict? Every bit as much as Christians, non-religious people or Muslims in Germany, namely, absolutely nothing. The ignorance of the judiciary toward antisemitism is for many Jews in Germany especially alarming, ” said Beck.

自分の主義としてこれは観なくては『疑惑のチャンピオン』。赤血球3割増でパワー3割増。それが当然であった時代とは。

人間の出力は酸素の供給量によって制限されています。
なので非常時の出力として無酸素呼吸が行われるのであり、それで疲労するのであり、疲労回復の手段として酸素カプセルが使われている。
その供給の律速段階となっているのは赤血球の量(濃度)である。心臓がばくばく動いて血液どんどん送り込んでも、血が薄いと(貧血だと)体が動かないのだ。
逆に血が濃ければ凄いポテンシャルを有することになる。
しかしこの血の濃さには限界がある。濃ければ毛細血管が詰まる。生命の危機に直結する。
この危険を冒してまで行われていたのがかつて自転車競技界で常識だった血液に関するドーピングだった。
これをやられたならたまったものではないのだ。パワーは常に3割増し、しかも疲労しないのである。
アームストロングだけを責めるのではない。当時それらは秘密裏だが常識だった。








Funduino 食わせもの過ぎ。何回やってもだめ。同一の作業をびんぼうでいいのですると一発で決まる。なんなのこれ。

自分がBAKAになっちゃったか、もしくはどこか致命的な欠点がArduinoにあるんじゃないかと思ってしまうくらい誤解を広めるFunduinoですね(支那製)。
びんぼうでいいのでやれば全部OKだった。
サーボを乾電池供給の6Vで動かす。凄いパワー! 20パーセントの電圧増なのに動き全然違いますね。驚きです。

Funduino はびんぼうでいいのと同様のサーボドライブ基板を載せれば動くことについて。

何だあの見せかけのピンwwww
宣伝文句は全部USOまみれですwwww

まじ大変で終わらん。

何でもかんでも自力で(自分の手塩にかけたもので)やろうとするこの絶対不屈の意志!!
ほめられたものじゃないですねまったく。
コントロール機(パソコン)すら拾ってきたものにOS入れ直してACアダプタ合わせて揃えてる。その専用機も複数台になるとは思ってもみなかった(もちろん最初からコントロール機の必要は唱えてたんだけど)。
対になるロボットも自分で設計してプリントアウトして揃えるとは考えてなかった(当初はその予算すら不明だった)。ロボットなんて最初は「既存のもの買ってくれば・・」とさえ言われてたものでもあるのだ。
終わらん。いやこの1週間が勝負。課題が山ほどあってえらい大変なんだ。そのひとつひとつを説明していく余裕は当然ない。
これは結構なことをしていますよ私は!
※これを可能とする技術の多くはメカニカル・アシストに多大に負うものである。メカニカル・アシスト前提として個人で作業している。それを外注に出したとしていたらどうだろう? おそらくコストは3〜10倍。そしてそれは設計段階で完全に仕組みが出来あがっていなくてはならない。
自分ですることでコストは原価で済む。そして走りながらできる。なので私はじゃんじゃん作業している。しかしこれは組織として作業するときの反対のやり方であるのだ(他の部門ではじゃんじゃん外注して削り出しパーツなどを受け取って作っている。私は「え?外注なしなの?」と驚かれたのだ)。
おそらくコンシューマ機(家庭用機)をこんだけ使ってこの系統でものづくりをしているところは少ないはずだ。
同水準のところはおそらくない。何故なら私はほとんど毎日それを走らせているからである(比較対象として複数台とかより巨大であるとかマシニングセンタ等はもちろん除く。そちらは工業水準である)。
※この、汎用のABSプリンタでどこまでできるかが重要なんですよ。このプリンタでできれば「金を使ったから」「設備がいいから」というエクスキューズは生じない。誰でもできるのである。