本年4月がパソコン街道であったことに本気で驚く。

「パソコンは旧型に限る」「拾ってくればいい」「コンピュータなんかに金出すなんておかしい」と述べ続けてた私が、最新機種2台を導入して持論が激変。

昨年11月に完全に有線接続に替えた影響もありますが(無線接続では負荷をかけると翌日以降の接続が重くなってました。オーディオ目的での常時使用は困難だった。有線接続では負荷に関わらず一定の速度が可能)。

ものの見方変わってしまいましたね。新型最高。最新機種の導入は2008年に組立てたC2Q機以来なわけですが、BOXNUC でそれと同じ作業させたら実時間3分の1で済んでしまった。素晴らしい。

静音です。C2Qは爆音(静音化してるはずなのに爆音)。無音で速いだけでその存在は肯定される。いやーこれはいいわ。Desk mini A300 もファン回転数落として静音化してるのでC2Q機の代わりに使ってしまいましょう(これはネット機になる予定です。BOXNUC より速いのだ)。

あの理想の「モニタ無し生活」がかなえられる可能性があります。モニタにしばりつけられなければ人間はもっと自由になれます(現在のコンピュータシステムの肉体的拘束の度合いは最低のものです。ブラインドで片手でフリックでなくキーボードで打てるようにする等の改良するべき点が多数存在します)。

マンション内装や面積単価にこだわる理由。それは。ベイビーステップより市営公園テニスコートの方が健全であることについて。

2012年頃豊洲のマンションにお世話になる事情がありました。飲み会の打上げでなだれ込んだのです。豊洲は当時開発の真っ最中。現在もタワーマンションがんがんに建ってる。それに引けを取らない家賃20万円超の凄い物件なのでした。

しかし住民の方は苦労をしていた。

3LDKの部屋の中に3世代同居。奥の間は爺さん婆さんの部屋ですがベッドを設置するともはや空間はない。リビングの隣の部屋には赤ちゃんが寝てる。お父さんお母さんは自分たちの部屋に入るとこちらも隙間はないのだ。

趣味の活動なんてできないですね。パソコンもデスクトップは1台に限られる。ミシンで裁縫とか試みるならその間他の作業はお休みとなる。3Dプリンタなんて当然無理。パパが自動車を趣味にするなら冬タイヤさえ置き場所に困ってしまう。それが豊洲の生活だ。

スキー板やウェアなんて置けないから当然レンタルになります。

趣味のスポーツ、例えば野球なんてしようにも、バットやヘルメットの収納さえ困ってしまう。練習場所に向かうにも自動車は必須でさえある。

ハードカバーの研究書なんて薄い本棚ひとつ分しか置けない。しかしそれらをしようとすると自分や奥さんや子供の服が収容できなくなっちゃうのだ。

※以上はあくまで3世代同居の場合です。

いったいどうしたらいいのでしょう?

-----------

ひとつは郊外への移住である。新築物件で間取りを自由に選べるのならライフスタイル変革の機会もある。ひとり一部屋が可能になるのだ。

あるいは生活を外に求める。お洒落なカフェを探し入り浸り夜は飲み屋に向かうタイプのそれだ。現代の東京生活はおそらく後者を前提に想定している。

その結果生まれる発想が断捨離だ。誰が唱え始めたのだろう? ものは無くなるが空間は広くなる。結局欲しいのは空間余力だったという告白である。

モノへの欲求を断つのでなく空間への欲求を唱えているのである。空間余力が生じれば(リビングの中央に広い空間が存在すれば)例えば裁縫もできるし趣味の小物も整備できるし「ちょっとそっち開けてよ」「うん」みたいにシチュエーション毎に状況の配分ができる。

腕立て伏せも腹筋もできるのだ。それらは其々1時間ないし2時間もかからない作業である。

ワークスペースを共有する。その結果家族は仲良くなる。それは素晴らしいことなのではないだろうか?

-----------

狭山台団地27号棟180万円の物件はまじで買いです。田舎に家族を残して関東に来てしまった人々は父さん母さんがリタイアしてしまったなら(限界集落であったなら)こちらに呼び寄せる方がはるかに合理的です。あるいは先述した3世代同居の人々は爺さん婆さんをこちらに住まわせて仕舞ってもいい。

6畳間ひとつ空くなら生活は劇的に変わり得る。都心に住んでいても過密でない空間が手に入るのだ。

断捨離するもなにも団地の物件余ってるんだからこれを有効活用して余力を手にする機会あるって思うんだよなあ。

※いま見てみたら人気の物件横浜の南長津田団地は57m2で1590万円です。40年前の団地。狭山台団地と築年は同じだ。しかし横浜にこだわるからお値段なんと10倍。わからん。質的な差なんてないと思う。東急沿線か西武沿線かの違いだけだ。そして西武沿線の方がスポーツ環境は充実している(子供に野球やサッカーさせるならスポーツ公園の充実している埼玉県方面が秀でている)。室内だって住んじゃえば同じなのになあ。

※子供と一緒にテニスしたいなら埼玉県ならお茶代で済んじゃいます。お洒落なカフェでお茶飲みする半額でテニスコートを同じ時間融通できちゃいます。これは値段的におそらく世界でも最安です(管理者ありの公園です)。

※『ベイビーステップ』読んですんげえコーチのいるトップクラスに高額なテニスサークルに入るより、近所のコートで団欒しながらラケット振る方が健全です。

↓なんと連休中も使い放題。2時間500円。人類の福祉に貢献してます。

f:id:losttechnology:20190422101922p:plain

狭山台中央公園テニスコート予約状況

神奈川県で再生中の1960年代団地(マンション)の構造をみて衝撃に震える。

f:id:losttechnology:20190421204038j:plain

現在外装も含めて大規模リノベーション中です。ぴかぴかになる予定。地区50年超えてるのにフレームが生きてる。鉄筋コンクリートはそれだけの期間もつ。破壊し更地にするよりも50年前の建築を生かす方が2010年代には有効と判断されてるのだ。

価値が保全される。素晴らしい。武家や庄屋宅でない一般家屋が100年間維持されるのは我が国においておそらく初の事例である。

で。

間取図みて驚きました。ベランダはなくリビング(DK)もない。全室和室である。全室引戸である。南に面する部屋は旅館のそれと同様に引戸で廊下様の構造をしてるのだ。

おばあちゃんが日向ぼっこしながら裁縫する部屋みたいですよね。

プライバシ? そんなものはない。朝は一堂に起き夜は一斉に眠るのだ。全員の生活は同期してる。目がさめると襖を開けるのである。田舎の生活をそのまま持ち込んだのだ。これらの部屋は昼の間結合されているのである(一部屋だけ独立してますが)。それが1960年代の日本の生活である(おそらく・・この点は不明)。

それにしても洗濯物はどこに干すのだろう? 一見すると場所はないように思える。この点だけ残念。現在はこのフレーム生かしたまま若い世帯にリノベ物件として大プッシュしてるのですよ神奈川県は。

※リノベはいい方向に向かうと思います。実例を後ほど示します。

※実例となる物件は売れてしまいました。すみません。ダイニングをダイナーみたいな構造にして壁に向かって複数のチェアが並んでるのですよ。そして居間の中央は大きながらんどう。私はこれが理想的な空間て思います。

壁に大きなディスプレイ設置すれば並んで家族で見られますし、居間の中央は空いてるので複数の人間が暴れても邪魔にならない(子育てに向いてる)。キッチンは反対側の壁なので出来上がりを運ぶのも簡単。つまり空間を生かす構造です。

室内の中央にテーブル置く形式の従来のリビングの構造は昔の炬燵やちゃぶ台を前提としたものでした。それらは撤去を想定している。邪魔になったら退かすのだ。しかし大きなテーブルは寄せられない。人間は壁の周囲に沿って歩くことになる。

何たる非合理性! テーブルが主役であって人間は脇役なのだ。おかしいでしょう。

現代生活で室内を広く使うにはデスクテーブル類は壁際に寄せるべきと当方は判断しています。家具類ぜーんぶ壁にあって室内広々。いいと思いませんか?

真ん中にテーブル起きたくなる欲求は過去の生活への郷愁です。単なる習性。テーブルより空間の方が中央に設置するに向いてます。

reboot と組合せることでストリーム再生の壁を越える。NUC の正しい利用法について。それはAV機器であることについて。

crontab で再起動かけ、自動起動オプションでスクリプトを立ち上げる。これなら何とか。これなら cron 関係ない。ターミナルで起動するのと同じだ。ストリームは無事流れてる。

時刻設定はそのスクリプトの中に書いてしまいましょう。

いい加減? そうかもしれない。でも動けばいいんですよ。

-----------

いやーこれで環境整ってしまったな。完全自動で音楽が流れる。TuneYou Radio 最高。良かった良かった。

スピーカ古いのしかないので何か探してきましょう。

ちょっと前には HardOff で人間サイズの縦型のすごいのあったんだよなあ!

あれ押し出し効いた。リスニングホールみたいな感じになる。寝室に置いてもよかった。ペアで8000円だったんだけど今じゃ残ってないだろうなあ。

-----------

いまある組合せが消えるとあれなんで旧タイプの Firefox ダウンロードしてスクリプト内ではそっちにパス通してます。

確認したら確かに定時に起動した! きちんと音楽が流れる。目覚まし時計としても完璧ですねこれ。

-----------

AV目的でパソコンを利用するのは HTPCホームシアターパソコン) と言うらしいですね。Intel もその仕様を公開してます。

https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000008497/mini-pcs.html

使用するのは NUC である。無音で小さく常時稼働できるからこの目的で使えるわけだ。

私は映像を常時見ることは苦手ですが、NUC がステレオ代わりと言うのであればこれもう大いに納得できちゃいます。

Intel 用 Ubuntu をしこしこと焼く。

なんでいまどきDVD-R? それはUSBメモリ使ってインストールすると再インストールする度別のOSを入れ直す必要があるからです。光ディスクにしておけばディスク交換だけで済むので簡単です。

信じられないが万策が尽きる。

驚いた。昨年12月に固定していた組合せでないとスクリプト群は動かないらしい。

OS も 言語も ドライバも 例えばブラウザについても当時のままの組合せである。

スティックPCで使っていた組合せである(同時に開発用のデスクトップ機でも使用していましたが、今回の仕様変更に伴いそちら側は消去してしまいました。失敗した)。

-----------

ターミナル上では動くのだ。しかし crontab で立上げると頑として動かない。

何故なんだ。github にも stackoverflow にも解はない。

-----------

逆に言えば真面目にそんなこと検討してる人々はいないのだ。

本当に驚く。世の中どうなってしまったのだろう?

※OS や ドライバのバージョン変えるとエラーログの内容が変わるのですよ。これは総当たり大会だ。無理。完動している組合せを探すしかない。

※どうにもならないときはスティックPCに戻します。

※このままではブラウザ上で表示されるラジオすら動かない(Shoutcast系には限界があります。あれは個人放送局でしかない。当方が聴取したいのはワールドワイドに展開する一般放送のラジオです)。このままではBOXNUCはオーディオ機にならない。困った。どうしてこういうことになってしまったのだろう?