ハンガリーとポーランド、シンクタンク設立へ EU移民政策に対抗 2020年9月29日 17:28 発信地:ブダペスト/ハンガリー。EU弱者を足蹴にするドイツに対抗。

英国もそうですがEU中枢のやり口に反ドイツ派は怒り心頭です。

—————-

ハンガリーポーランドシンクタンク設立へ EU移民政策に対抗

2020年9月29日 17:28 

発信地:ブダペスト/ハンガリー [ ハンガリー ポーランド ヨーロッパ ]

https://www.afpbb.com/articles/-/3307097?act=all

【9月29日 AFP】欧州連合EU)の移民政策に反対するハンガリーポーランドは28日、EUは「主流派の自由主義」に支配されているとして、これに対抗するシンクタンクを設立すると発表した。

 両国政府は長期にわたり、民主主義や移民をめぐる問題でEUと対立してきた。

 ハンガリーのシーヤールトー・ペーテル(Peter Szijjarto)外務貿易相は、首都ブダペストポーランドのズビグニェフ・ラウ(Zbigniew Rau)外相と記者会見し、新設するシンクタンクは両国に「ダブルスタンダード」が適用されていないか調査すると説明。

 シーヤールトー氏は「法的知識を収集し、自由主義イデオロギー的な意見の抑圧に対抗する」ものになると述べた。

 シンクタンクの名称はまだ決まっていない。

 先週、欧州委員会(European Commission)のウルズラ・フォンデアライエン(Ursula von der Leyen)委員長が移民・難民受け入れ制度の改革案を発表。ポーランドハンガリーはこれを拒否する姿勢を鮮明にしている。

 シーヤールトー氏は、欧州委員会の改革案は「移民の誘因となる内容」で、「さらなる移民の波を引き起こす恐れがある」と述べた。

 ハンガリーポーランドは、チェコスロバキアと共に「ビシェグラード4か国(V4)」を形成し、EUによる難民受け入れ数の義務的割り当てに強く反対している。(c)AFP

ニコン プロ利用者のための修理代替機材の貸与を止める『ニコンプロフェッショナルサービス(NPS)におけるサービス内容および料金変更のご案内(重要)』2020年9月28日。

f:id:losttechnology:20200929180652p:plain

この改定ではハードな使用を行うプロフェッショナルの期待に沿えなくなっちゃいますね。

プロサービスはニコンの売りのひとつなのに。これがあるからニコンをつかう人も多かったのに。残念。

—————-

ニコンプロフェッショナルサービス(NPS)におけるサービス内容および料金変更のご案内(重要)

2020年9月28日

https://npsjapan.nikon-image.com/news/2020/nps20200928.htm

すごくない!?『運転席ダッシュボードを透明化 京セラ、光学迷彩技術使い』2020/9/29 14:01 (JST)9/29 14:03 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社。この技術は先ず乗用車より見切りの悪いトラックへ。

運転席ダッシュボードを透明化

京セラ、光学迷彩技術使い

2020/9/29 14:01 (JST)9/29 14:03 (JST)updated

©一般社団法人共同通信社

https://www.47news.jp/news/5312987.html

京セラのコンセプトカー「Moeye(モアイ)」はダッシュボードの先の風景が透けて見える

 京セラは29日、運転席に次世代技術を採用したコンセプトカー「Moeye(モアイ)」を開発し、報道関係者に公開した。物体を透明に見せる光学迷彩技術を使うことでダッシュボードの先の風景が透けて見え、ドライバーの視野が広がり道路状態を確認しやすい。自動運転技術の進化で車内空間の重要性が高まっていることに対応した。

 光学迷彩技術の専門家である東京大先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授と共同開発した。車体の前部に8台のカメラを搭載し、運転席から見える風景を映像処理して特殊な素材を使用したダッシュボードに映し出す。3D映像を映すこともできる。

NTT、ドコモを完全子会社化へ 9/29(火) 6:01 時事通信。

NTT、ドコモを完全子会社化へ

9/29(火) 6:01

時事通信

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bd0a181ceda79ec74c1e9fd49f9d29956e4f1bd

 NTT <9432> が上場子会社のNTTドコモ <9437> を完全子会社化する方向で検討していることが29日、分かった。TOB(株式公開買い付け)を通じ、一般株主が持つ約3割の株式を4兆円前後で取得するとみられる。経営効率化により、菅義偉首相が掲げる携帯電話料金の引き下げに対応するとともに、次世代通信規格「5G」などへの投資を強化する。近く発表する見通し。 

ニューヨークタイムズのとばしなのか『トランプ氏「数百万ドルの税金払った」、米紙報道受け反論』ロイター編集 2020年9月29日0:44 午前。真実はどこに。

引っ張ってるのがニューヨークタイムズだけという状況です。

-----------

トランプ氏「数百万ドルの税金払った」、米紙報道受け反論

ロイター編集

2020年9月29日0:44 午前

https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN26J2IT

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領は28日、自身の所得税納付に関する報道を巡り、「数百万ドルの税金を払った」と述べた上で、他の納税者と同様、減価償却や税控除を活用する資格があったと擁護した。

米紙ニューヨーク・タイムズは前日、トランプ大統領が過去15年のうち10年間も所得税を納めておらず、ここ数年の連邦税納付額も極めて少なかったと報じた。税金還付書類によると、数億ドル規模の課税所得を得ていたものの、事業損失との損益通算を行ったためという。

トランプ大統領はさらに「保有する資産の価値に比べ債務は極めて小規模で、私の状況はアンダーレバレッジだ」と主張した。

懐かしのホームコンピュータ。

1980年頃。

電通大助教授であった安田寿明氏の著者『マイ・コンピュータ入門』『マイ・コンピュータをつくる』『マイ・コンピュータをつかう』のインパクトは凄かった。講談社ブルーバックスであり本自体の入手性が高い。どんな田舎町にも新書を扱う書店はある。読書率は高く現代の人間がSNSを行う頻度で読んでいる。そしてまた読んだ本の貸し借りを行う。中高生から大人まで読む。そしてまた昔の人間なので読んだら即行動に移す。かなりの人数がこれらの本にインスパイアされていきなり的に斯界に飛びついたのです。

ラジオの製作』が売れておりこてを握った人間は多かった。中学の技術家庭で最初に作るのは自分用の半田ごてだった。世間は受け入れる準備ができていた。

作ったコンピュータで何を行うかというと機械のコントロールである。

最初期の自動計算機が織機のコントロール技術から誕生してきたようにメカニックを動かそうというのだ。ブラウン管は各家庭に1〜2台しかなく高価で入手性が悪くテレタイプはそれ以下なので、コンピュータの入出力もそれらに負うことができなかった(以上はゲーム機の登場により克服された)。人間の視聴覚を奪うのではなく、人間の視聴覚の代理となろうというのである。

—————-

ここですよ。この考えですよ。最初の目標はこれだった。

その技術は具体的には自動車の燃料噴射技術に取り込まれて日本車の信頼性アップに貢献して世界市場を制覇する。キャブレターの時代は欧州車の方が売れてたのである。

しかし世の中には可視化されず人々との間に距離があるままだった。一般での受容はゲーム機を通してであり断絶の存在があった。

このとき、ファミコンでAC100VのON/OFFや赤外線送受信ができてれば!

時代は変わってたと思うんだよなあ。ロボット技術はここで誕生していたと思うんだ。

—————-

あの安価で強靭な筐体。子供がハンドリングしても全く問題にしない。

台数3倍に増やして家庭内機器をじゃんじゃん接続可能にしてもよかった。そういう提言ができたはずだった。

できたんだよなあ。

東芝の伝統技術フラッシュメモリがいまこんなことに『新株式発行及び株式売出しの中止と、それに伴う上場手続きの延期に関する 取締役会決議のお知らせ』会 社 名 キオクシアホールディングス株式会社 代表者名代表取締役社長早坂 伸夫。2020 年9月 28 日。

f:id:losttechnology:20200928210832j:plain

新株式発行及び株式売出しの中止と、それに伴う上場手続きの延期に関する 取締役会決議のお知らせ

会 社 名 キオクシアホールディングス株式会社 代表者名代表取締役社長早坂 伸夫 (コード番号:6600 東証) 問合せ先専務執行役員花澤 秀樹

各位

2020 年9月 28 日

2020 年8月 27 日及び 2020 年9月 17 日開催の当社取締役会において決議いたしまし た当社普通株式東京証券取引所への上場に伴う新株式発行及び株式売出しについ て、2020 年9月 28 日開催の当社取締役会において、最近の株式市場の動向や新型コ ロナウイルス感染の再拡大への懸念など諸般の事情を総合的に勘案し、当該新株式発 行の中止を決定するとともに当該株式売出しの中止を承認し、それに伴い当社普通株 式の東京証券取引所への上場手続きを延期することを決議いたしましたので、お知ら せいたします。なお、当社は適切な上場時期を引き続き検討してまいります。

以上